« 竹の子      ( 1-6 ) | トップページ | あさり       ( 1-8 ) »

2004/11/07

砂浜       ( 1-7 )

 海辺は少し遠かったので毎日の遊び場ではなかった。 それでも週1、2回は行ったと思う。 砂浜には色々なものが打ち上げられていた。 海草、流木、貝殻、時として犬や猫の死骸もあった。 海が荒れた日の翌日は、その量がぐっと増えた。
 いつもは砂浜に出ると右手の方角で遊んだ。 流木の上に登ったり、飛び降りたり、下の隙間をくぐったり…・。 海辺ではヒトデやフジツボやクラゲを棒でつっついたりしながら、のんびりと歩いていく。

 途中、砂とそっくりな模様のある小さなカニが、無数に砂浜を歩き回っている。
私達が近づくと、あっと言う間に小さな穴に入ってしまってシーンとしてしまう。
どんなにそっと近づいてもダメだった。 私達が少し遠ざかると、又穴からぞろぞろと出てきて、何もなかったように歩き回る。 私達はしばらく知らん顔をして、次の瞬間素早く走り寄る。 カニはさっとまた穴に潜る。 カニは私達と鬼ごっこをしているみたいだった。

 なおも歩いていくと、広い松林に出る。 迷路のようで中にはいると迷子になりそうなので、いつもそこが私達の探検の終点だった。 そこからもと来た道を引き返す。
今まで左手に見てきた海が、今度はずっと右手に見える。 ポッポッポッと蒸気船が通り、カモメが流木に止まる。 トンビが空高く舞い、ピーヒョロロと時折鳴く。
寄せては返す波の音。 海がみんなでお喋りしているようだった。
 そんな中で、私は桜貝を探すのが好きだった。 これは上の姉と一緒に来たとき、姉がとても喜んで拾うのを見てまねたものだ。 アサリやハマグリなどの二枚貝、サザエなどの巻き貝に混じって、薄紅色の桜貝の小片でも見つかれば、私は大事に家に持ち帰った。 空になった菓子箱に綿を敷き、その上に丁寧にならべていった。 それは私の大切な宝物であり、現在も捨てがたく、押入れの奥にしまわれている。
                               newimage11

|

« 竹の子      ( 1-6 ) | トップページ | あさり       ( 1-8 ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砂浜       ( 1-7 ):

« 竹の子      ( 1-6 ) | トップページ | あさり       ( 1-8 ) »