« Z先生のこと   ( 2-16 ) | トップページ | ブログに噛みつかれました »

2004/12/24

O校受験     ( 2-17 )

 当時は、都立高に進学するのが普通だった。 クラスで数人の人が私立大学の附属に進み、都立が落ちた場合の滑り止めとして私立校を受験する人もいた。 私は当然の事として都立高の中から一校をを選び、願書を出した。 そんな中、母がO校の願書を貰ってきた。
 「都立受験前に、場慣れのために受けてみたら」
 たしかにそれまで、会場模試も、1~2回しか受けていなかった。 大勢の中で落着かないせいもあってか、模試の成績は悪かった。

 O校の試験は2月にあった。 当日試験のため、学校を休んだのは私だけだった。 後から級友に聞いた事だが、その日朝礼の時、Z先生は、私の欠席の理由を皆に説明した後、こう付け加えたという。
 「山川さんは、大丈夫、受かると思う」
 私は意外に落ち着いて受験できた。 体育の実技でドリブルをしたり、音楽で和音を当てたりするのは面食らった。 ペーパーテストも、重厚な問題で、学校のテストとは訳がちがった。 数学では手のつけられない問題もあった。 発表を見にいった時、自分の名前が50名の中に含まれていた。 私は早速母に電話で報告した。
翌日、Z先生に報告しに行った。 Z先生が喜んでくれた。 私は合格して良かったと思った。
 都立高の入試もせまっていた。 私は随分迷った。 母や姉達はO校への進学を勧めた。 私の心もO校に傾いていた。 しかし、都立に当然進学するつもりで準備してきたので、試験だけでも受けたかった。 そんな私に父が言った。
 「良く考えて自分で決めなさい。 O校へ行くことに決めたなら、都立の試験は辞退しなさい。 お前の受験で他の一人が傷つく事になるかもしれないから」
 都立の試験当日、学校は休みだった。 私は母と新宿に買い物に出かけた。 帰りの電車は、制服姿の中学生でいっぱいだった。 皆試験の帰りだった。 私はちょっと寂しかった。

|

« Z先生のこと   ( 2-16 ) | トップページ | ブログに噛みつかれました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: O校受験     ( 2-17 ):

« Z先生のこと   ( 2-16 ) | トップページ | ブログに噛みつかれました »