« 卒業の頃      ( 2-7 ) | トップページ | 部屋の掃除    ( 2-9 ) »

2004/12/03

理科部生物班   ( 2-8 )

 中学校は、私の家から小学校と対称な位置にあった。 運動場は道を隔てて別にあり、そこに立つと私の家の二階が見えた。 部活動は活発で、皆何かの部に所属していた。 私は卓球部と理科部生物班というのに入った。 卓球部は当時人気があり、沢山の部員の中で、レギュラーに残るのは難しかった。 練習はレギュラー中心に行われ、他の部員は練習日も、卓球台の数も少なく、練習の順番を待っている時間の方が長かった。

 ある日の放課後、その日はレギュラーの練習だったが、仲良しの友達に誘われて一緒に練習をしていた。 そこに顧問の教師が入って来た。
 「今日は関係無い人が混ざっているな」
 冷たい教師のこの一言は私の心をグサッと刺した。 その教師は練習の指示を伝達するとまた、教室を出て行った。皆、私の回りに来て慰めてくれた。
 しかし、私はその日を境に卓球部から足が遠のいた。 それ以後も、私がスポーツ全体に余り親しみを感じなくなった遠因かもしれない。

 理科部生物班の方は楽しかった。 顕微鏡で見る極小の世界は、私をワクワクさせた。 金魚のしっぽを流れる血液の流れ、植物を形づくっている細胞の姿、プランクトンの奇妙な動き…・。私は週一、二回のその日が待ち遠しかった。
 ある時、ニワトリの解剖の実習があった。 といっても先生がやってくれた。 一羽のニワトリが、先生の手であれよあれよという間に羽をむしられ、内臓の説明が終るや、肉と骨に別けられた。
 私達が目を白黒させている前で、先生はその日の実習の終りを告げた。
 後は楽しいスキヤキパーテイーに変わった。 箸でつまんだ肉片が、ニワトリの心臓だと言われた時には、さすがにドキッとした。

|

« 卒業の頃      ( 2-7 ) | トップページ | 部屋の掃除    ( 2-9 ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理科部生物班   ( 2-8 ):

« 卒業の頃      ( 2-7 ) | トップページ | 部屋の掃除    ( 2-9 ) »