« ミ ケ       ( 2-14 ) | トップページ | Z先生のこと   ( 2-16 ) »

2004/12/19

囲碁熱      ( 2-15 )

 上の姉が、大学で “碁” を覚えてきて、父に相手を頼んでいた。 それを見ていた下の弟や妹達の間に囲碁熱が蔓延した。 私も暇さえあれば、姉や兄と碁を打った。 私達はまったくの素人で、手探り状態だった。 初めの頃の私達の碁は一見、挟み将棋の様だった。 真ん中の線をはさんで、代わりばんこに打っていく。 二本の白黒の線が両端に到達すると、それで、大体二分できたような気になった。 次に相手陣地に切込んでいく。 勝敗はオセロのように、生きるか死ぬかであり、何百目の差がつくのは日常茶飯事だった。 その内にだんだん、所謂 “碁” らしい布陣に変わっていった。 生か死かではなく、陣地の大小が主要な争点になってきた。

 この頃になると、父の暇な時を見つければ、誰か彼か相手をしてもらうようになった。 私が初めて相手をしてもらった時は、井目風鈴といって13目、主要な所に石を置いてから始めた。
 しかし、父は決して私の陣地を殺そうとはしなかった。 私の布石は、穴だらけであり、父がその気になればどれ一つとして生き残れなかったと思う。 が父は、私を一人前の “碁打ち” として扱い、無理のないところに打ってくれた。 だから父との勝敗は驚くほど差が少なかった。
 だが、決して勝てなかった。 そのうち、私の置き石は井目になり、四つに減った。 でも父には勝てなかった。 父は素人ではあったが、後に四段の免状をもらった。
  「もっと上は、お金の問題だ」
 実力があっても、免状をもらうためには、かなりの額のお金が必要になるらしかった。
父には一生、そんな金銭的余裕は無かった。

|

« ミ ケ       ( 2-14 ) | トップページ | Z先生のこと   ( 2-16 ) »

コメント

なおさんの文、読んでいて、私が初めて、
碁と出会った頃の、ワクワク感を思い出しました。
今は、碁を打っている人が父と似た風貌だったりすると胸がキュンとします。
 

投稿: あきこ | 2004/12/21 11:38

こんばんは!TBありがとうございます。
お父さんに囲碁を教えてもらえるなんて良いですね。
私は将棋は教えてもらったのですが、囲碁は全然教えてもらいませんでした。
免状って今でも高いんですよね。
アマ5段で10万円かな?
実力も金銭も手が届かないです・・・"(-"-;)"

投稿: なお | 2004/12/20 18:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 囲碁熱      ( 2-15 ):

» 囲碁ゲーム [Four Seasons]
某アニメの影響以来、コツコツと囲碁の勉強をしている私。 と言っても、本を読んだり [続きを読む]

受信: 2004/12/20 02:46

« ミ ケ       ( 2-14 ) | トップページ | Z先生のこと   ( 2-16 ) »