« 中国 ・九州旅行 ( 4-7 ) | トップページ | 阿蘇山      ( 4-9 ) »

2005/02/28

広島        ( 4-8 )

 広島では原爆ドームを見た。 幼い日の記憶がかすかによみがえって来た。
 宮島ではこの記憶がより強く、私の体を揺さぶった。 幼い日、休日に良く父が連れてきてくれた。 船着き場、紅葉の木、紅葉饅頭、厳島神社…・私は自分ながら不思議な気持ちだった。見るもの皆、昔から良く知っている懐かしさに包まれていた。

 江田島に行ったのは、自分なりに考えがあったからだ。 今から見ると“無謀”とも思える戦争へ、なぜ当時の若きエリート達は突き進んでいったのか。
 私は少しでも真実を知りたいと思っていた。
 江田島の港に着くと、しばらく近所を散策した。 当時の私には、ここは来てはいけない所、見てはいけない場所というような漠然とした気持ちがあった。 いわば、タブー破りのような、緊張感があった。

 私は自分の気持ちを静めるため、近くの神社の階段を登った。 急な階段を登り詰めると、突然視界が開け、瀬戸内の穏やかな海の景色が広がっていた。
 陽光をキラキラと反射させている波間に船が行き交い、青空には入道雲がひしめいていた。 真夏の日差しは、朝とはいえギラギラと照りつけ、神社の周囲のうっそうとした常緑樹の葉の濃い緑と、樹間の陰影が鮮やかなコントラストを描いていた。蝉時雨が耳を圧した。

 私はしばらく神社の縁側で休んだ後、“旧海軍兵学校”の見学に出発した。
 赤レンガの建物、練習船などを案内された後、建物内部の一室に通された。 そこには特攻隊員の遺書が展示されていた。 私は、一つ一つ丁寧に読んでいった。 “お国のために”、“天皇のために”という文字が仰々しく並ぶ文面の奥から、自分達の愛する人達を守るために、自分の命を捧げた、彼らの気持ちが痛いほど伝わってきた。 私は戦争のむごさを感じた。 なぜ、日本はあの時期、戦争を避けられなかったのだろう。

 よく“歴史の必然”という言葉を聞く。 でも私は、それを信じない。
 いつの時代、いつの時点でも、いくつかの選択肢があったに違いない。 その選択の点の集まりが後から見ると、一つの流れとなって見えてくる。 歴史は必然と偶然と、そしてその時代の人間の意志の複雑な絡まりによって、織りなされるのではないだろうか。

 下関では、父方の親戚のおじさんが、寿司屋に連れていってくれた。ぜひ食べさせたいと言って注文してくれた、ウニの握りの美味しかったこと。以来、その味を越えるウニにはまだ遭遇していない。
 翌日は、免許を取って間もないというその家の娘さんが、青海島までドライブに連れていってくれた。 どこまでも続く、白く乾いた国道を、猛スピードで飛ばす運転ぶりに少々冷や汗もかいたが、窓の外に拡がる海沿いの風景は、それなりに楽しかった。

|

« 中国 ・九州旅行 ( 4-7 ) | トップページ | 阿蘇山      ( 4-9 ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島        ( 4-8 ):

« 中国 ・九州旅行 ( 4-7 ) | トップページ | 阿蘇山      ( 4-9 ) »