« 広島        ( 4-8 ) | トップページ | 北海道旅行   ( 4-10 ) »

2005/03/02

阿蘇山      ( 4-9 )

 阿蘇山は、この旅行でもとっておきの場所だった。 “世界一の大カルデラ”、以前教科書でこの説明を見て以来、私はずっとこの地に来てみたかった。 狭い日本に世界一広い場所があるという事に、何より興味を引かれた。 その全貌をこの目で見、足で確かめたかった。 豊肥本線の車窓から見える風景は、緑豊かな普通の農村と変わらなかった。 阿蘇駅は意外と小さな駅で、そこからバスに乗り、阿蘇の中心部に向かった。 

 しばらく行くと視野が開け、一面の草地が広がり、馬や牛が三々五々、のどかに草をはんでいる。 こんなに広々と続く草原を見るのは、私にとっては初めてだった。 火口を見た帰りは歩くことにした。 草千里を越え、ススキの原を越え、雑木林に入り、深い森を越え、また阿蘇駅の麓に出てきた。 森のはずれで見た大木はカイズカイブキだろうか。 ゴッホの絵で見たことのある糸杉のように、照りつける太陽の下、青空に向かってもくもくとわき上がる入道雲に負けじと、緑の炎が燃え上がっているように見えた。
 この旅行から帰ると、駒場祭が待っていた。

|

« 広島        ( 4-8 ) | トップページ | 北海道旅行   ( 4-10 ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿蘇山      ( 4-9 ):

« 広島        ( 4-8 ) | トップページ | 北海道旅行   ( 4-10 ) »