« 父の失業     ( 4-12 ) | トップページ | 中国文学科進学 ( 4-14 ) »

2005/03/11

アルバイト    ( 4-13 )

 しかし、母の稼ぎだけでは到底足りず、当然私はアルバイトを始めた。
大学の学生課の廊下の壁には、家庭教師求人ボードがあり、そこから適当なのを選ぶと、先方と事務が面接日を設定してくれる。 その家に行くと、母親と当人、または父親も含めて待っている。 ちょっと話した後、たいてい決また。 “たいてい”と書いたのは、一度だけ事務の方へ断りの電話が入った事がある。

 これは、まさに最初の時の事で、その日私は緊張して随分早めに、指定された家の近くまで着いてしまった。 時間つぶしのために、その家の付近をぐるぐると歩き回った。 その時会った買い物帰りのおばさんが、どうもその家のお母さんみたいだった。
 しかも初めてのことで、面接もオドオド、ドキマギしてしまった。 きっとお母さんは、受け答えもしどろもどろ、家の周りをうろうろ物色しているおかしな学生は、“大事な娘”の“家庭教師”としてふさわしくないと判断したのだろう。
 
 しかし、以後の私の家庭教師人生は順調だった。 小学校四年生から見てあげたT君は、私立中学御三家の一つに合格し、中学でも常にトップクラスを保った。 もっともT君によると、小学校のクラスで以前から“数学の神様”と呼ばれていたという事で、本人の資質に寄るところが大きい。

 下町の家具職人の息子N君は、野球の話をさせるといくらでも話が尽きなかった。
が、こと、学業成績となるとサッパリだった。 目は利発そうでキラキラ輝き、頭は良かった。 ただ、関心のありようが違っていたようだ。

 大学は獣医科に進んだS子ちゃんは、こつこつと真面目な頑張りやさんで、成績は中の上を保っていた。 
 この他にも、お医者さんの兄妹とか、心臓の悪い妹を持つM子ちゃんとか、私の生徒は通算すると10人は軽く越えた。

 余談だが、M子ちゃんの妹はその後手術を受け、成功した。 M子ちゃんのお母さんは、万一の場合のショックに耐えられるためにと、もう一人子供を産んでいた。 結果として、M子ちゃんのお母さんは二人の女の子と一人の男の子の幸せな母親となった。

 私は子供を教えることはイヤでなかった。 どっちかというと楽しかった。
それに勉強後、出してくれる夜食が、それぞれ心のこもった家庭料理だったので、それも私の楽しみの一つだった。だから、家庭教師は私にとっては、仕事と言うより、楽しい息抜きの場だった。

 当時の月謝は、大学一年の時が、週二回、月八回で、八千円だった。 最初の月謝でベッドを買ったのを覚えている。 それによって、私は押入で寝る生活から決別した。 次の大きな買い物は、腕時計だった。 当時、最新の自動巻装置のついたもので、それにより毎日のネジ巻きの煩わしさから解放された。
 その後、中国語の短波が聞ける、高品質ラジオを買った。 当時、中国語教材はほとんど手に入らず、直接短波でヒヤリングを学ぶしか道が無かった。
 それに続いて、本箱、石油ストーブ、ステレオ…と私の部屋はだんだんリッチになっていった。 学費や旅行費用、生活費をすべてまかなっても充分やっていけた。
 大学院の頃は、月に二万円、母に食費として渡せるまでになっていた。

|

« 父の失業     ( 4-12 ) | トップページ | 中国文学科進学 ( 4-14 ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルバイト    ( 4-13 ):

« 父の失業     ( 4-12 ) | トップページ | 中国文学科進学 ( 4-14 ) »