« 修士論文   ( 4-44 ) | トップページ | 再開します »

2005/06/27

卒業     ( 4-45 )

その翌日、駒場のK先生を研究室に訪ねた。 何回か行ったが、先生は留守だった。 数日後、校門の近くで、ばったりとK先生に会った。 卒業後の私の仕事の話を先生の口から聞きたかった。 先生の下で、どんな仕事をすればいいのか。

 「山川君、僕は君を避けていた訳じゃないんだ」

 先生は言い訳がましく口を開いた。 

 「でも、大学に、君を置く場所がないんだ」私は一瞬ポカンと先生を見つめた。 先生の顔は気が弱そうにうつむき加減だった。

  先生は疲れているようだった。 

 「山川君、国文科を無給で手伝ってみる気はないか。もしその気があるなら、話をしてあげてもいい」

 K先生の言葉が終わるか、終わらない内に、私は

 「忙しいので、今日はこれで失礼します」と言って、校門の方へ足早に歩き出した。 急に目からあふれ出てきた涙をK先生に見られたくなかったのだ。

別に東大に未練がある訳じゃない。 ただ、職場として東大に残るつもりだったんだ。 私を一人前として扱ってくれない東大なんかにもう用はない。私はその後、K先生の研究室へ二度と行かなかった。

 次の日から、私には職探しの日々が始まった。

|

« 修士論文   ( 4-44 ) | トップページ | 再開します »

コメント

パソコンが先週から壊れてしまいました。
頼りの息子が、折悪しく超多忙なため、
復旧は、1,2週間後になりそうです。
そのため更新は当分休みます。
このメールは外から送信しています。

投稿: あきこ | 2005/07/04 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒業     ( 4-45 ):

« 修士論文   ( 4-44 ) | トップページ | 再開します »