« 残暑お見舞い申し上げます。 | トップページ | バブルよもう一度!? »

2005/08/22

民営化!?

最近の日本で一番困惑することは、二者択一を迫られることが、実に多いことです。

黒か白か・・・私は、多彩な色彩の世界が好きです。それも人工的な原色よりも、自然色の方が、心が休まります。

イェスかノーか・・・戦争を始めたいのですか。普通、事実に基づいた対話を尽くせば、解決の糸口は見えてくるものでしょう。

丁か半か・・・これはばくち用語で、一般生活では避けたいものです。

この私にとっては、最も避けたい二者択一論議が、今、突きつけられているような気がします。

“民営化賛成” か “民営化反対” か・・・この論議は、ここ数年、日本の政治を語る人たちが、好んで使う,“官”か“民”か論争の、終着駅の様相を呈しています。

そもそも、“官”か"民”か の問題の立て方が、私にはとても奇妙に思えます。

“君“か“民”か、とか“王”か“民”か、と言うのなら解ります。これは主権の問題です。幸い日本は“主権在民”の国家です。この大前提の下に、日本の国は、戦後出発し、現在に至っています。

“官” はあくまで、国家運営の手段です。必要な  “道具” です。道具に不具合が生じたら、 まず何処が故障しているのか、どうやって直すかが順序でしょう。修理不能だったら他の道具に変えることも必要です。最近の論調は、まず道具を捨てようという感じで、私は当惑します。

色々考えていくと最後に国とは、政治とは何かという問題に行き着くと思います。

“最大多数の、最大幸福”。政治はこれに尽きると思います。国民大多数の安心して暮らせる日常を守ること、これが最大の任務だと思います。

実際の日本の政治でこれがうまく作用しているでしょうか。まず、地元民 (ここには広い意味での支持団体も含まれていいと思います) の率直な声を、中央に運ぶメッセンジャー機能は、作用しているでしょうか。一つ一つの政策ごとに国民投票するのは時間、お金の両面で無駄すぎます。

政策決定過程で、地元の利害を国全体の利害の中で適切に調整できるか。地元民のためだけに動くのでは、国の政治家としては困りますね。

国の政策を作る過程で、国民の視点に立った、優れた能力を発揮できるか。自党のため、自分の選挙基盤だけを優先するのは、やはり困りますね。

|

« 残暑お見舞い申し上げます。 | トップページ | バブルよもう一度!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民営化!?:

« 残暑お見舞い申し上げます。 | トップページ | バブルよもう一度!? »