« ジェットコースター発進! | トップページ | 選挙公約、私の試案 »

2005/08/30

ジェットコースター発進!続

その頃の日本は、好景気に沸きかえっていた。住宅市場、別荘、ゴルフ会員権、絵画、あらゆるものが、買いあさられた。高級品ほどその高騰ぶりが話題になった。ゴッホのひまわりが53億円で落札され、実家から10分ほどの高級住宅地では敷地200㎡に鉄筋三階建ての家が10億円で計画中などの話題がごろごろしていた。戦後ほぼ一貫して来た右肩上がりの成長は、ここにきて一気に加速して更なる繁栄の時代に入ったと思われた。

1990年1月、すべてが一変した。株価が突然急降下を始めた。何回か立ち直るかと思われたが、圧倒的売りの浪に飲み込まれた。4月はじめ2万8千円、10月はじめには2万2百円代まで落下した。一日のうちに日経平均500円、600円と言う下げは日常的風景となった。

私はなすすべもなく、時々証券会社の担当者に、電話をいれた。時には、語気を強めて 予想と現実の隔離をなじった。しばらくして、担当者が家まで挨拶に来た。寿退社と言う。 私は、少し文句を言いすぎたことを反省した。次の担当者は、顧客のいかなる文句にもびくともしないような、いかつい中年の男性に変わった。

この急落の背景もわかってきた。かなり以前から、海外投資家は日本の機関投資家(生保、銀行、など)から大量に株を借り集めていたらしい。それを適当な時期に一気に売りあびせ、暴落した時点で改めて買い、少し戻したところで再度売る。これを執拗に繰り返したらしい。最後にもう一度安値で拾い借主に返却したみたいだ。

その差額の利益の総額は膨大な額だったらしい。

私はその話を聞いた時、敵ながら天晴れと思うと共に、 その動きを予想し、対抗策を立てなかった政府のふがいなさに腹が立った。暴落途中、何度か株価を支える公的介入がなされたがそれはリングに叩きのめされたボクサーがよろよろとたちあがるように力なく惨めな姿だった。それと機関投資家がわずかな賃料で、結局は自分達の首を絞めることになった株貸しを、なぜ行ったかは私には、いまだに理解できない。

この株の暴落は、当然当時のマスコミでも連日取り上げられた。曰く、日本株はそもそも高くなりすぎていた。株価は市場に聞くべきで、公的介入は自由主義経済をゆがめる。郵貯や、公的資金を株のような不安定な対象に投資すべきではない。 株持合制度で甘やかしてきたからいけない。できるだけ早く、この前時代的慣習はやめるべきだ。これからは、もっと対外的障壁をなくし、海外資金を導入するべきだ。・・・・・いかにももっともなことを言っていると思われた。しかし現実に起こっていることと照らし合わせた時、何か変だと感じた。

私にはそれらの論は、ハンターに効率的に羊をあげるにはどうやればいいかの視点に立っているように聞こえ出した。

たまに私と似た論点の人がいると、他の華々しい肩書きの論客から、総攻撃が浴びせられた。某有名大学教授、某大手証券会社アナリスト、某経済研究所研究員、彼らに共通していたのは、アメリカ留学経験者と言うことだった。

彼らの立場はハンター側だった。しかし当時の日本の金融界は完全にハントされる側だった。

この状況は今の日本でも大して違っていない気がする。政府がもっと本気になって日本の金融資産を守る方策を講じなければ、同じ轍を踏むだろう。個々人の自己責任で守れる限度を超えている事実をもっと直視すべきだと思う。

|

« ジェットコースター発進! | トップページ | 選挙公約、私の試案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェットコースター発進!続:

« ジェットコースター発進! | トップページ | 選挙公約、私の試案 »