« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/26

彼岸花

今年も又彼岸花の咲く時期になった。今年の夏は例年に増して蒸し暑く、薮蚊も多く、里山から足が遠のいていた。ここに来て、朝晩は涼しくなり、久しぶりに近所の里山に行ってみた。

厳しい暑さと、何回かの台風のせいか、草木の葉も、傷みや黄ばみもみられ、なんとなく疲れが感じられる中、鮮紅色の彼岸花を見た時は、ちょっと身の引き締まるような、感動を覚えた。

毎年、本当に彼岸の頃に、間違いなく咲くその華麗ともいえる鮮やかな花々。こんなに繊細で美しいのに、野辺に何気なく咲いている。しかし日本の秋はこの花で持っているともいえる存在感。

これは、ある意味、春のタンポポにも共通して感じられる感覚だ。しかしタンポポの場合はのほほんとした親しみやすさ、暖かさを感じるのだが、彼岸花はどこか違う。気品というか、どこか近寄りがたい神秘さを感じてしまう。この差は何処から来るのだろう。この際、いろいろ彼岸花について調べてみた。

higanbana 彼岸花は、稲とともに、中国から伝来したという。鱗茎に含まれるアルカロイドという毒が、野ネズミやモグラから水田の畔を守るためという。また飢饉の時には、水で毒をさらして除去し、食用になり、吐剤や去痰剤にも用いられる。

京都周辺では、曼珠沙華と呼ばれる事が多いが、これは梵語で、天上の花という意味で、仏教経典には吉兆として、真紅の花が天空から降ってくると書かれているという。

韓国では、サンチョ(相思華)と呼ばれるという。花は葉を思い、葉は花を思うという意味で、花は9月に咲き、葉は花が終わる晩秋の頃から伸び始め、翌年の春には枯れてしまうという生態に、会う事がままならない恋人の心情を託した命名と思われる。

日本各地にも500を優に超える色々な呼び名があるという。なかには死人花とか墓花というあまりいただけない名前もあるが、これは彼岸の頃に咲いている美しい花→墓前に手向けるという繰り返しから、彼岸花→死、墓という連想に短絡した結果だと思う。

“アルカロイドでモグラや野ネズミから遺体を守るため、墓地に植えられた”という説を聞いたことがあるが、遺体はかなり深く埋葬されたし、野ネズミのえさは主に植物性のような気がするのだが・・・。

沖縄でハイビスカスを病院のお見舞いに持っていったところ、看護婦さんが顔色を変えて病室から持ち出し捨ててしまった、という話を聞いた事がある。ハイビスカスには毒成分は含まれないが、その美しさゆえに墓前に手向けられる事が多く、彼岸花と似た連想が働いたと思われる。

卑近な例では、我が家の息子が幼かった頃、金木犀の香りをかぐと、決まって“トイレの匂いがする”といっていた。これは、成長と共に、クチナシやバラなどおよそ、私がいい薫りと思う花の香りすべてに拡張された。息子の頭の中では、花のいい香り=トイレの芳香剤の香り、高じて花の香り=トイレの公式が出来上がってしまったのだった。今でも、私は、息子の前で、香りのいい花の話はしないようにしている。

ともあれ、今年も無事夏を乗り切り、彼岸花をめでつつ里山歩きができるようになった事が嬉しい。近年とみに夏を乗り切る事が大変に感じるのは、地球温暖化のなせる業か、加齢のせいか、・・・両方でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/09/19

前原民主党に期待します!

衆院選でのまさかの大敗北。民主党自身は言うに及ばず、日本の未来にとって、民主党の躍進を大いに期待していた人たちにとっても、にわかには信じがたい結果だったと思います。私自身も、その一人です。

土地バブルの崩壊以降、とみに目立ってきた自民党の、政治力の衰退、劣化。それに代わりえる政党の登場をずっと心待ちしていました。それだけに、今回の結果は、かなりこたえました。厭世的、自虐的、・・・様々なマイナス思考に押しつぶされそうになりました。

そんな中、民主党が若い前原氏を党首に選び、新しい前進を始めた姿には心から拍手を送りたいと思います。

前原氏自身に関して、私は今まで殆んど知りませんでした。今回、テレビや新聞、インターネットで知りえた知識を総合して判断しています。経歴を見た時、正直言って、又ひ弱な選挙エリートかと、あまり期待をもてませんでした。しかし、立候補演説や選出後の話を聞くうちに、だんだんと期待が膨らんできました。とくに、中学2年で父親を亡くし、以後母子家庭で育ったという事から、前原さんには、“建前ではなく、弱者の痛みを知る政治家”として、大きく育って欲しいと思えました。

民主党そのものへの提言としては、もっと国民の日常生活に入って、国民の目線で、感じ、考える党に脱皮して欲しいと思います。選挙の時だけ、有権者に頭を下げ、普段は、仲間内だけで、政策論議していても、本当に国民が必要としている政治はわからないと思います。

そういう意味でも、次の統一地方選挙にはもっと真剣に取り組んで欲しいと思います。足元の生活に密着したところでまず実績を作り、民主党が、信頼にたる政党だという事を、事実として私達に見せてください。それが、政権への一番の早道だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/12

次期内閣成立の前に一言!

昨夜8時、出口調査による自民圧勝のテレビ報道に、一瞬わが目と、耳を疑いました。

また日本は、過去に何度も繰り返してきた過ちをしてしまった。もう勝手にしたらいい、私は政治から目をそらそう。そうしないと、あまりに精神衛生に悪いから。

一晩たって、新聞を見ても、驚くべき結果が、より具体的な事実として述べられているだけでした。

今回の衆議院選挙は、郵政民営化が争点とされていますがそれは、誤魔化しだと思います。

先の国会に提出された法案を果たしてどれだけの有権者が理解していたでしょう。そういう未完成の法案を、多くの修正を経て国民にとって、望ましいものに作り上げていくのが、国会の役目であるべきでしょう。それを、政府の思うとうりに認めないからといって、国会を解散するのは、行政府の越権行為だと思います。

百歩譲って、その法案の可否を国民に問うならば、どういう点が問題にされていたかを、国民にわかりやすく提示すべきなのに、“郵政民営化の是非を問う” という設問自体、国民を馬鹿にしたものだと思います。

長期入院していて却って病状が悪化している入院患者の治療方法をめぐって、医師団の間に、主任医師の処方箋に疑問が示され、真剣に検討している時に、主任医師から家族に、“あなたの家族の病気を治したいかどうかはっきりしてくれ。他の医者は、みな邪魔をして直す気が無い” と突如言われたら、医学的に素人の家族としては、どうか直してくださいという以外に無いのではないでしょうか。

しかも、そこまで悪化した主要な責任が自分にあるのをひた隠し、自分の治療方法に批判的な他の善意の医者を、悪者に見立てるとこまで行ったら、医者のモラルを疑わざるを得ません。

それは、政治の世界でも同じだと思います。勝てば官軍では有りません。“民衆政治が時として、行き過ぎたり、近視眼的になったりしたのは、歴史的に良く見られる事です。誤りは時として起こりえます。

ただ最も避けたいのは、同じ誤りを何回も続ける事でしょう。これを避けるには、大きな過ちを犯した時は、率直に、どこで、何を、誰が誤ったかを検証し、二度と同様な誤りを避けることでしか、国民として前に進めないと思います。

さきの大戦でも、何故開戦に至ったか、何故近隣諸国の侵略にのめりこんで行ったか、敗戦濃厚になった時点でなぜ、すみやかに終戦処理に踏み出さなかったか。又かくも多くの国民の生命財産を失った責任は何処にあったのか。これらの事が、きちっと総括された事があったでしょうか。

また土地、株バブルの総括はなされているのでしょうか。

近くは、この4年間余に、「13万人を越える自殺者、地方・中小企業の疲弊、赤字国債170兆円の上積みをもたらした責任」を問う事なしに、次期内閣を任していいものでしょうか。

それと選挙のたびに感じるのですが、ある野党が“確かな野党”といいつつ、実質的には与党を利している行動を続けている矛盾は何とかなりませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/05

暑気払い

台風が近付いている影響か、窓の外では時折、激しい雨が降っている。涼しい。例年より遅く満開を迎えた百日紅の花が、水分の重さに耐え切れず、大きくしなだれている。

さしもの猛暑も峠を越えたのか。少し時宜を逸したかもしれないが、暑気払いで我が家でよく食べる、カレーについて書いてみたい。

我が家の息子達は,ご多分にもれず私の作ったカレーが大好きだった。過去形にしたのは、最近は、自分で稼いだお金で自由に外で食べられるようになり、世の中にこんなおいしいものがあるんだと目覚めだし始めたところで、おふくろの味に回帰してくれるには未だ時間があるという中途半端な時期だからだ。

息子達が幼かった頃、カレーは一年を通じてよく食べた。特に夏場は数日おきに食べていたかもしれない。夕飯のカレーを用意している私に、息子達のこんな会話が飛び込んできた。

“カレー味のうんこと、うんこ味のカレーのどっちか選ぶんだったら、どっちがいい?”

あとは、二人で何か言いながらいかにも楽しげに笑い興じている。一般的にこの、う○○の話題は何故だか、子供は大好きだ。う○○がなければ夜も日も明けないという感じで、幼い子供を持つ母親の悩みの種だった。中には、子供はこの言葉をある一定程度口にすることにより大人に脱皮できると達観している母親もいた。

“カレー味のうんこと、うんこ味のカレーのどっちがいいか”

悩ましい選択である。特にこれから、カレーを食べようとしている時に、このように問いかけられると、妙に生々しい。私は、心の中でこんな選択を迫られることが無いことを願ったものだ。

今は、不景気で腕のいい料理人がリストラされる話も良く耳にする。うんこ味のカレー屋さんが、そういう料理人の協力を得られたなら、私の悩みはずいぶん軽減されるのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/01

選挙公約、私の試案

選挙の公示から3日経った。なんだか、もうだいぶ前から選挙戦突入と言う感じで、いまさらと言う感じもするが、あらためて各党の選挙公約を比べている。

率直な感想は、”帯に短し、たすきに短し”。 どうも、これだと思えるものが見つからない。しかし9月11日には、これからの日本、私達の4年間を託す政党と国会議員を選ばないといけない。

そこで私は、既出の各党の公約にとらわれることなく、私なら、何を今の政治に求めるかの視点に立って、自分なりの重要課題を書き出してみた。この作業を通じて、どの党、どの候補者が自分を含め日本に必要か、選びやすくなった気がする。皆さんにも是非この作業をお勧めしたい。以下に私の試案を紹介する。たたき台にしてくれたら、幸いです。

    “2005年衆議院選挙公約” 私の試案

 1.景気回復    “稼ぐに追いつく貧乏なし” 多くの政党は、収入の増加を考えないで、倹約方法ばかり考えている気がします。働く場所の確保により、自殺問題、ニート、フリーター問題の六割は解決できるでしょう。

 2.近隣諸国との強固な友好関係を築く  これにより、戦争の脅威は、八割除けるでしょう。

  残った二割に備えて、国防軍(仮称、自衛隊と呼んでもかまわない)の再編。

  <国防軍の任務>

    ① 他国からの侵略に備える。他国には、いかなる要請があろうと派兵しない。

    ② 自然災害、テロ等の人為災害が発生した場合、各地方自治体の対応能力を超えた場合ただちに、出動し、人命救助、復興を支援する。

②の場合は、日本国内に限らず、当地域からの要請があった場合は、可能な限り海外にも派遣する。

 3. 年金制度の確立 “恒産なくして、恒心なし” 。 若い時から、老後の心配をしなくてはならない現状は、寂しすぎます。

以上の外に、緊急性、重要性が極めて高い、地震対策プロジェクトの創設。

地震対策国家プロジェクト

1.人命保護第一

  →  大都市優先

  →  防火対策優先

      過密かつ、火事が延焼し易い地域の解消

      消防車が消火活動できない地域の解消

        計画段階では、当地域住民の意見を十分に生かす。

        実行段階では、当地域の住民は、全体の利益に従う。

2. 東京に起こった場合を想定し、国家機能のバックアップ。

緊急事態発生の場合、ただちに機能できるセンターを地方に設置。機能毎の分散が望ましい。

   <郵政問題> 当面2年間は、公社自身の改革努力を見守る。ただ公的性格を持つ以上、特定ポストの世襲制は見直す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »