« 与太郎さんへの返事 | トップページ | Qちゃんおめでとう!ありがとう! »

2005/11/19

けんちゃんへの返事

 ブログ検索で思いがけず、同世代の方のブログを見つけ、久しぶりに訪れた故郷の小川でめだかを見つけた時のような気持ちがしました。・・・・懐かしいというか、あ!まだ元気でいてくれたというような気持ちでしょうか。
 けんちゃん氏のブログを少しですが読ませていただいて感じた事のうち二点について、私なりの意見を述べさせていただきます。

 <ブログの可能性>

① 初めの頃、インターネットでの議論は、酒の入った宴席上での会話のようなもので盛り上がっているように、少なくとも新参者の私には見えました。○チャンネルに代表されるでしょう。現実社会での鬱積した不平、不満を無礼講的に語り合う、または独白することにより、個々人の精神的解放を得る。
 それはそれで意義あることですし、決して否定されるべき事だとは思いません。ただこの場合は、自由に話せる代償として、ネットの性質上(可能性として世界中の人が覗ける)、話題に上った私人の個人情報、事物の特定を、第三者に許すような表現は避ける、意図的に虚偽情報を流さないなどの、配慮は必要とされると思います。

② 次に私が注目しているのは、従来のマスコミの欠点を克服した形の、より一般の人の立場に立った情報集約、発信機能の構築です。新聞やテレビのニュースに接した場合、自分の専門分野だったり、住んでいる地域の情報だったりした場合、一寸違うな、だいぶ違うな、ぜんぜん違うなと感じた経験は誰もが一度や二度はあると思います。
 マスコミが すべての情報を、熟知する事は、能力的に無理なのはわかります。又、多くの商業マスコミは広告収入によって成り立っているので、広告主の意向を無視できないという構造的宿命を持っているとも思います。
 これらを克服するものとして、なにかニュースが発生した場合、ソースに近い人が事実を事実として発信し、そのことに詳しい人がわかり易く解説してくれれば、少なくとも誤解や、無理解から来る軋轢はずいぶん解消されると思います。“けんちゃんのどこでもコミュニティ”などは、③ともつながるのですが、地域の情報発信として楽しく読ませていただきました。

③ 三つめ、これはけんちゃん氏のブログが目指されているものだとも思うのですが、地域コミュニティの再構築です。現在日本は、従来の社会機能が無計画に壊されるだけで、新しいコミュニティが形成されていないという非常に不安定な状況にあると思います。今、身の回りに、私達ができる事、やらなければならないことは山積みされています。
 これを克服するためにHNKの “ご近所の底力” や、行政の思いやりが拾い上げてくれるのをひたすら待つのでしょうか。
 けんちゃんがなさっているような事を、多くの人が実践し、手をつないで行けば ( ネットの得意分野 ) 多くのことが好転し、日本の活力再生の一端を担えると思いました。 

                             ( 次回に続く )

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 “あなたへのEメール”出版の再度の遅れ報告。  私が校正段階で色々細かな注文をつけたせいで、またまた延期とのこと。この際、クリスマスまでにできればいいカナとあきらめました。

 

  

|

« 与太郎さんへの返事 | トップページ | Qちゃんおめでとう!ありがとう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: けんちゃんへの返事:

« 与太郎さんへの返事 | トップページ | Qちゃんおめでとう!ありがとう! »