« けんちゃんへの返事 続 | トップページ | アッテンボローさんへの返事 続 »

2005/11/30

アッテンボローさんへの返事

 コメントをいただいてから、ずいぶん返事が遅れてしまいました。

 “ 管制塔 ”の検索で見つけたた貴ブログへトラックバックを送ったときは、こんにちはの挨拶程度のごく軽い気持ちでした。コメントを返していただき、改めて色々と、読んでみました。
 そして “ 組合活動ではそこそこ有名で 「中核派の兄ちゃん」 で通っていました。尤も現在は思想的腐敗が原因で除名されたので関係していません。・・・” と自己紹介されている文章に出会って以来、私の中に長年、それこそ40年近くにわたって頭のどこかで考え続けてきた問題に、しっかりと向き合わなければいけない時が来たと感じました。

 中核派という言葉と私が出会ったのは、大学2年の羽田闘争の時でした。当時の首相の南ベトナム訪問を阻止するため羽田に集結した、学生を中心とした勢力と機動隊が激しくぶつかっている姿が、TVから迫ってきました。
 以前、私が中学生の頃あった、安保闘争の頃も、反対派と警察のぶつかり合う姿は、私にとってショックでした。いつも、デモ隊が警棒でぼこぼこにされて一件落着みたいな流れでした。お上に逆らうとこんな目に会う、と無言の威圧感に押しつぶされていたような気がします。
 そんなお決まりを破って、彼らは手に角材を持ち、文字通り身体を張って自分達の反対の意思を主張していました。仲間から一人の犠牲者も出ました。それでも彼らはひるみませんでした。この時の一連の動きは、その後の青年達の行動に大きな影響を与えたと思います。
 
 東大闘争があれだけの大きな変革運動として盛り上がったのも、これと無関係ではないと思います。
 普通なら、大学と学生自治会の馴れ合いの改良闘争で終わっていたかもしれない問題が、全大学を巻き込んだ、“ 大学とは ”、“ 学問とは ” の根源にせまる巨大な闘争になっていったのも、表面的妥協を排し、根源的解決を求めたからだと思います。

 これらは正の側面です。しかしその後の様々な運動の流れ、収束状況を見ると少なくとも表面的には余り大きな成果が見られませんでした。

 中核派、および他の新左翼、のその後を見ても、学生達が社会に出て行き、それぞれの職場で生活を守るため社会と戦い始めた時、彼らと共に戦いの最前線に居たかというとそうではなかった気がします。

 新左翼の多くは、学生時代の成功体験に安住し、当時の戦術に固執したように見えます。
 潮が引き、海岸線が後退したのに気付かず、灼熱の砂浜に取り残され呆然として暴走したように見えました。特に、内ゲバは陰湿で、私のような心情的シンパでさえ顔を背けたくなり、シンパで居た気持ちさえ萎えさせるに十分でした。
 人民の海の中でこそ、ゲリラはゲリラたりえ、戦士は戦士たり得るのだと思います。

                                ( 次回に続く )

|

« けんちゃんへの返事 続 | トップページ | アッテンボローさんへの返事 続 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アッテンボローさんへの返事:

« けんちゃんへの返事 続 | トップページ | アッテンボローさんへの返事 続 »