« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/21

人参はにんじん?

 中国語で人参は、日本で言うところの朝鮮人参のことで、日本で言うニンジンは中国語では紅蘿卜(赤い大根) という。これは以前触れた事もあるが、ツバキと椿は違うという問題と同じだ。要するに誤訳である。ただ本来は誤訳でも、歴史という苔で覆われてしまうと、立派に日本語の中では市民権を獲得して居るので、一概に否定できないのが悩ましい。

 次に “人参” そのものについて見てみたい。中国人、特に吉林省の人に言わせると、人参の本場は、吉林省で、質量共に最高との事。それを、“朝鮮” 人参といわれることで、朝鮮産が一番との印象が強い事が大いに不満のようだ。他にも最初に持ち込まれた産地が名前に影響する例は多い。
 サツマイモが薩摩芋、トウガラシが唐辛子と呼ばれて居るようなものだ。時間の経過とともに朝鮮人参もチョウセンニンジンと普通名詞化することによって解決されていくのだろう。

 特定地産が、普通名詞化しないで、固定肥大化する場合がある。それがいわゆるブランドだろう。
 魚沼産のコシヒカリ、神戸牛、明石の鯛、丹波の黒豆、関鯵などなど。以前テレビで同じ “関鯵” でも水揚げされる港が違うと、値段が数倍違うという嘆きを聞いた事があった。行き過ぎた例だろう。

 しかし基本的に、ブランドへの信頼には合理性がある。生産者の生産物へのこだわり、弛みない品質維持の努力、消費者の厳しい評価を経て生き残っているものには、それなりの品質の高さが期待できるからだ。

 ところが、これらがひとたびブランド “信仰” となると様相を一変する。生産者、消費者ともに合理的批判眼を失う。生産者は不断の品質保持の努力の変わりに、表面的現状維持のみに腐心し、消費者は、ブランドに、性能のよさの代わりに、ステイタスシンボルを求める。

 日本は今、マンションの耐震強度偽装問題でゆれている。大激震だ。やはり値段は高くても安心第一と考えたくなる。ブランドへの回帰だ。しかしこの問題の本質も、やはり、形骸化したブランド信仰の一形態のような気がする。 この事件の場合、ブランドは建築業者ではない。ある意味もっと深刻だ。
 それは、一級建築士という国家資格へのブランド信仰、“建築確認” 行政の機能不全という、国への信頼に触れる問題だからだ。すなわち、国の行政への信頼が実は、ブランド信仰に過ぎなかったのではないかと国民が考え出しているという事だ。

 この問題の成り行きは、一部の利害関係者や機関に捻じ曲げられることないよう、“ブログマスコミ” も総力を挙げて見守るべきだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/16

印刷に入りました

 やれやれという感じです。本一冊出すのってこんなに大変なものなんだ、と改めて感じています。
 出版社を探して、原稿を渡して、文字の大きさや、構成を考えて、校正をして、表紙を考えて、できたゲラをまた校正して、・・・。
 いつできるのか、結局できないのか自分でも心配になりました。12月26日に製本完了予定という通知をやっともらいました。アマゾンには完成後、連絡をするのでサイトに掲載されるのは、それからまた数日遅れるとのこと。その点本屋システムは、未だ健在というか、今日からでも最寄の本屋に注文できるという事です。予約扱いですが、購入を考えてくださる方はよろしくお願いします。
 
 今回の全体を振り返ってみると、また私の遠回り癖がもろに出てしまった感じがします。もっと簡単な、楽な方法があったんじゃないか。何も好き好んで、でこぼこ道を歩かなくても良かったんじゃないか。

  山を登るのに、ロープウエイも、リフトもあります。でも自分の足で歩いたからこそ得られるものもあります。野の花や木々は心を豊かにしてくれます。枝の上からは小鳥の鳴き声が聞こえ、たまには木の実をかじっているリスと目があったりします。歩いてる事自体が楽しくて、頂上を目指していた事などどうでもよくなったりします。

 でも今回は、めでたく目的地につけそうです。いままで、陰ながら支えてくださった皆様に心からお礼を申し上げます。今後とも、ご支援いただければ幸いです。

 
    『 あなたへのEメール 』  

             「二十歳の原点」 に30年目に遭遇して

                                             山川明子 著
                   
                     れんが書房新社

                     定価  1500円 +税

                                                         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/13

湯を沸かす?

 中国人の友人に時々、日本語について質問されることがある。日本人として生まれ、日本語の中で育ってきたのでなんとも思わなかった言葉のなかに、外国人の目から見ると思わぬ発見がある。

 最近の発見は、“ 湯を沸かす ” だ。何故 “水” ではなくて “湯” なのですか。中国語では焼水というとのこと。言われてみればそのとうりだ。湯は結果である。似た例では、ごはんをたく、もちをつくなどが思い浮かぶ。いずれも沸かして湯にする。炊いてご飯を作る、搗いて餅にするという方が実情に近い。これらをもっと調べると、日本語の性質の一側面を知る手がかりと成るかもしれないが、今回は、動詞の違いに注目してみたい。

 “ 焼水”の “焼” は、文字どうり、薪や石炭で加熱する事である。水から湯への変化の原因をはっきり述べている。それに対し沸かすという動詞は水蒸気が沸々と水面に立ち上っている様子を形容している。結果を絵画的に描写しているといってもいいだろう。

 これから両国の国民性を論じるのは短絡的に過ぎるかもしれないが、ある面を象徴している気がする。中国人は、理論的合理性を重んじ、日本人は、結果を感覚的に受け入れる。

 こういう国民性の違いは、時として、両国間の理解に齟齬を生じ、思わぬ紛糾をもたらしかねない。

 最近の例では、靖国神社を巡る、諸問題がある。靖国神社は名前からして神社であり、神を祭るので宗教の問題である。宗教を政治に持ち込んでひどい目に会った経験から、戦後の憲法では政治に宗教を持ち込まないことを国是としてきたはずである。政治家が、自らそれを破る事は、現に慎んでもらいたい。
 靖国問題にはもう一つの、側面がある。A級戦犯の問題である。“ 日本人的 ” 発想法からすれば、人は死ねば皆仏になるので差別をすべきではないと考える。中国的 ( 世界では多数派と思われるが ) 考え方からすれば、何か過ちがなされた場合、責任者が責任を取ることによって、次の一歩が歩み出せる。
 そういう考え方からすれば、日本は、責任を曖昧にしごまかしている。口では、反省しているといいながら、態度が伴っていない。非常に不誠実であると感じているのではないか。

 ここで考えるべきことは、どちらが正しいかではなく、どうしたら双方の理解が進むかであると思う。日本側がいつの間にか、加害者責任を忘れ、被害者の感情を傷つけているようなことは無いだろうか。為政者は特に自戒していただきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/09

三丁目の夕日

 先日、「ALWAYS 三丁目の夕日」を見てきました。久しぶりに娯楽映画の王道を歩いている作品に会った気がしました。だいぶ前、新聞に載っていた映画評で見かけ、是非見たいと思っていました。評論で賞賛されているからと言って、直ぐ見に行くほど私も単純ではありません。過去に何回も、評論と実物の落差に失望した経験があります。そもそも評論家と自分自身の感性が同じである保障は何処にも無いのです。

 では何故これを見ようと思ったのか。それは時代背景でした。昭和30年代の東京の下町の市井の人々の生活が丁寧に描かれている。この言葉に惹かれました。時代への郷愁でしょうか。

 舞台は、建造中の東京タワーが見える下町の商店街。集団就職で上京し、この町で働くことになった少女とその周りで繰り広げられる、いくつかのエピソード。出てくる男の子は、私のクラスにも普通に居たような子だし、そのお父さん、お母さんもごく普通に居た感じだし、街の住人にしても近くの町に行けば何処でも会えたような人たち。展開する出来事もさして特別な事件でもない。

 なのに何でこんなに何回も涙があふれ、何度も声を出して笑ってしまったのだろう。映画が終わった後も、しばらく席を立たず余韻に浸っていたのは何でだったんだろう。 私は久しぶりにだいぶ涙を流したので、翌日まぶたがさぞ腫れていると思って、恐る恐る鏡を見た。それが、意外に何でもなかった。

 その時、私は、この映画の良さが解ったような気がした。ほどほどの塩梅とでも言おうか。人間の喜怒哀楽に自然に調和しているのだ。過度の誇張もなく、無理な展開もなく安心して展開についていけた。そう・・・。とっても人間らしかったんだ。
 そんなに豊かでは無かった。でもみんな夢を持っていた。人と人も根底で信じあえていた。人間が主人公の時代に久しぶりに戻っていたんだ。

 今の時代は何が主人公なんだろう。直ぐに答えが浮かばない。ただみんなが、何かにせきたてられているような焦燥感を感じるのは、私だけなのでしょうか。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/05

アッテンボローさんへの返事 続

 新左翼運動をになった多くの人は、知的エリート層に属していたと思います。新左翼の問題は、詰まるところ日本の若き知的エリート層のかかえる問題でもあったと思います。社会の抱える問題に鋭敏に反応するが、行動は過激に走り、時間の経過と共に一般人の意識から遊離してしまう・・・・・。簡単に言えば “観念的” なのです。

 私が大学に入った時のクラス担任のK先生は、よく東大生が観念的で、頭でっかちであると嘆いていました。今から考えると、K先生は、日本の高等教育に永年にわたって君臨してきた観念論と孤軍奮闘していたんだなという気がします。教材は、中国語でしたが、目指していたのは、実践的思考を私達に会得させたかったんだと思います。

 事実を事実としてとらえ、もし問題があればそれを合理的に解決していく。これは科学的精神そのものです。自然科学の世界では常識的なことが、社会科学、人文科学の世界では通用しない。或る時は排斥さえされる。それはある意味神学の世界であり、宗教の世界に足を突っ込んで居るとさえいえると思います。

 それが、最も悲劇的に作用したのが、先の大戦だったと思います。政治の世界は、理念は必要ですが、運用においては最も実践的であるべきで、常に事実検証しながらなされるべき物だと思います。政治の最も先鋭化されたものともいえる戦争において、観念論と神がかりに支配された時、帰趨は決まっていたのでしょう。

 戦後、廃墟の中から立ち上がった人たちは、健康な実践主義に裏打ちされていたと思います。
 しかし社会の発展に逆比例して、人材の流動化が鈍り、観念論が跋扈しだしていました。東大闘争を否定的に捉え、押しつぶしたのはそんな潮流だったと思います。それに対した学生側もある意味観念論の呪縛から自由だったかというとかなり疑問です。双方が合理的実践的に向き合えていたら東大闘争は、日本の高等教育を風通しの良い、自由な建設的な創造の場に変えられていたと思います。
 結局旧態を温存した大学から巣立った人の中には、隠蔽体質と観念的思考を受け継いでいった者もいたでしょう。

 バブルに適切に対処できなかったのも、今また“改革”という言葉によって、実践的であるべき政治を安易なスローガンで、振り回しているのもこの観念論の一変形だと思われます。

 話はもどりますが、現在労働組合を実質的に支えている方々は、多かれ少なかれ新左翼の影響を受けていると思われますが、初心は貫かれているのでしょうか。日本を支えている圧倒的多数の労働者の生活を守る事 (それは日本を守る事とほとんど同義語とさえ言えると思うのですが ) に取り組めているのでしょうか。

 労働者の概念を、正社員だけに限定していないでしょうか。パートや派遣、契約社員、臨時工、アルバイトなど不安定な形の労働者が増大している中、正社員の権利だけを主張する事は、労働者の間の意識を分断するでしょう。 また大企業と中小企業の格差も広がっている今日、より切実な問題を抱えている人たちの側に立つのか、切り捨てるのか。労働運動の質が問われていると思います。

 団結は力を生み、分裂は悲劇を招いた過去の経験から、学ぶべき点は多いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »