« ライブドアショック | トップページ | 青・緑合戦のゆくえ »

2006/01/28

冬の旅もいいものです

 私は元来寒がりなので、冬に旅行に行くことは余り無かった。それが今回、箱根に出かけたのは、源泉掛け流しの温泉に入れる、おいしい食事が食べれる、富士山もバッチリ見れるという誘惑に負けたからだ。

 一日目は、周遊券を手に、オーソドックスな箱根を満喫した。登山電車、ケーブルカーそしてロープウェイ、海賊船。息子達が幼かった頃は、色々な乗り物に大喜びなかれらを見ている事が、私自身にとっては、一番の喜びだった気がする。今改めて、箱根の自然と直に向き合っていた。

  大涌谷で見る富士はやはり素晴らしい。白雪の頂き、遥かに広がる裾野、青空に凛としてそびえる姿には、いつもながら敬虔な気持ちが沸き起こる。

 今回、箱根のいたるところで “歓迎 春節遊客” という旗が目に付いた。ああ、今年は1月29日が春節で、日本の元旦に当たる。きっとアジアからのお客さんが増えるんだろうな、と思うまもなく、大涌谷は、国際化の最前線になっていた。中国語といっても、広東語など南方方言が飛び交い、去年一年 “冬のソナタ” でなじみになった朝鮮語の一団が行き交い、アメリカ人らしいグループも混じる。日本人も関西方言あり、若者言葉あり・・・・。もう言葉の盛大な交響曲の真っ只中にいつの間にか参加している気分になった。政治家がガタガタ足を引っ張っても、民間ではきわめて自然に国際化は進行しているようだ。

kokusaika  “這是雪ま?”(これが雪なの)可愛らしい女の子が私の方を振り向いて聞いた。

 “是だ!這是雪よ!”(そう、これが雪よ)私が思わず答えかけたら、私の横の方にいたお父さんらしい人に、先を越された。

 きっと中国でも、南の方から来たのだろう。生まれて初めて見た雪にどんな印象を持ったのだろう。女の子の、今回の日本旅行が楽しく豊かな思い出となりますように。

 2日目は、山中湖に行った。湖面が全面結氷したのは22年ぶりという。湖の北側に、白hakutyou 鳥や鴨が群れているところがあった。見るとブルドーザーが盛んに氷を砕いて除去している。こうしないと、水鳥は水面で休む事も、餌をとることもできないという。地元の人の、白鳥に対する思いやりに触れた気がした。この小さな湖面上で、白鳥たちは運動不足解消のためか、時々疾habataki 走を繰り返していた。

 湖の中央部ではワカサギの穴釣りの人影が三々五々見渡せ、富士山麓右手遠方には、白銀に輝く南アルプスの山並みが見えた。空気は凛と冷たいが、風が無かったので、太陽光線は意外に暖かく感じられ、小さな川が流れ込んでいるところに見られる小さな水面に、逆さ富士が写りなかなかの絶景だった。

|

« ライブドアショック | トップページ | 青・緑合戦のゆくえ »

コメント

何気なく検索しているうちに“花のある暮らし”に着きました。富士山の写真の素晴らしさに、心が洗われる気がします。やはり地元の強みというか、毎日見ている方が、ここぞという時取った写真の説得力は違いますね。これからも、山中湖の素晴らしい写真見せてください。


投稿: あきこ | 2006/02/17 10:09

花のある暮らしに立ち寄っていただき有難うございました。素晴らしい写真見せて頂きました。運動不足の白鳥楽しいです。家の中に愚図ついている身に刺激を頂きました。又よろしくお願いします。

投稿: mfthirano | 2006/02/16 12:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライブドアショック | トップページ | 青・緑合戦のゆくえ »