« ハンノキの花 | トップページ | 1.雪の夜    続 »

2006/02/17

浩(ハオ)さんの物語 

 私の中国人の友人の浩(haoハオ)さんは、現在2児を育てながら、仕事も続けている、頑張り屋の若いお母さんです。時どき話してくれる中国での思い出話はとても面白く、私一人で聞くだけでは、もったいなくなりました。そこで思い切って、ブログに載せて、多くの人が読めるようにしたいとお願いしたら、快く承知してくれました。

 浩さんの幼い日、学生時代、日本に来てからと、なるべく年代順に一まとまりずつ文章にしてもらい、私が日本語に訳す、という形でやろうと思っています。浩さんの話を聞きながら感じた、わくわく感が少しでも皆さんに、お伝えできれば嬉しいのですが・・・。 ただ、浩さんはとても忙しいので、不定期になるかもしれません。その辺は、成り行きに任せようと思います。

 文中の固有名詞は、少し変えさせていただきました。

  

             1.雪の夜

 私の名前は浩(hao ハオ)です。

1973年のある雪の降り続く夜、周囲を囲む人々の、大きなため息の中、誕生しました。

 私の名前を見た人は、この名前の持ち主は、きっと志の大きな男子、少なくともそう期待された男性だと思うでしょう。なぜなら中国では一般に、男の子にしか、こんな気宇壮大な名前をつけないからです。でも、私は志も大して高くない、普通の一人の女なのです。父がこの名前を、生まれてくる我が子のために用意してくれた気持ちはとてもよく理解できるのですが、私が女であるという事実は変えることはできません。

 父は山東省の辺鄙な農村の出身です。その村の人々は、代々農業で生計を立てていました。そのため、労働力となる男の子を持つ事が、生きるための希望だったのです。また“家系”を絶やさないことが最大の親孝行と考えられていました。当然、男の子だけが家系を継ぐ事ができるのでした。

 

 私の父方の祖母は8人の子供を生みましたが、そのうち3人は男の子でした。そのため、祖母は、村の中で鼻が高かったそうです。父は、その中でも、母親のお気に入りの息子で、当時、農業を手伝うために8歳前後で学業を放棄していく男の子の中では珍しく、勉強を続けました。父が持ち帰った“中学卒業証書”を見て、祖母は嬉しさの余り、大泣きしたそうです。その卒業証書を、祖母は、家に来た人の目に付くようにと、門を入った直ぐの壁に貼り付けました。

 それは、後に母が初めて父に連れられて、訪ねた時も、10数年の風雪に耐えしっかりと貼り付いていたそうです。

 父が故郷を離れたのは、たぶん18歳の時でした。人民解放軍が村に来て、兵隊を募集したので、父は直ぐに応募したそうです。父が家を離れる日、祖母が泣いたかどうか、私は知りません。父もそれに触れた事はありません。ただその日、祖母が何度も繰り返し次の言葉を父に言ったそうです。“何処に行こうとも、早くいい嫁を見つけてくれよ。私がまだ元気なうちに、孫をこの目でしっかりと見たいのだよ。”

 父は、祖母の願いにたがわず、美しいお嫁さんを見つけました。

                                                                ( 続く )

 

|

« ハンノキの花 | トップページ | 1.雪の夜    続 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浩(ハオ)さんの物語 :

« ハンノキの花 | トップページ | 1.雪の夜    続 »