« 涙が出ました | トップページ | 2.初めての迷子  続 »

2006/02/27

2.初めての迷子 (浩さんの物語)

この話はどこまでが私自身の記憶なのか、どこからが母が後に話してくれたことなのか実際のところ判りません。

私が生まれてまもなく、父の部隊は、南方へ移動になり数年戻って来ませんでした。当時は、仕事をすべてに優先させる風潮が強かったため、夫にあうために休暇をとるなど、もってのほかでした。私は長い間、父の顔も知らなかったのです。

母によると、1歳半ごろ父の写真を見ながら“パパ”と習うと、以後、男の人を見るとだれかれ構わず“パパ”と呼びかけるので、母はそのたびに顔を赤らめて

「パパじゃないでしょ。おじさんでしょ」と訂正したそうです。

 

 父に初めて会ったのは、私が3,4歳の頃でした。父の所属する部隊は、家族との対面を図ってくれました。ママはすぐに、私を連れて、南方行きの列車に乗りました。しかし父の駐屯地までは二日半は優にかかります。これは本当に長い旅でした。

 

 私達の乗った車両は軍関係者専用で、乗客の多くは、母と同じように久しぶりに夫に会う人で、みんなうきうきしていました。話しが弾んで、しばらくするとみんなまるで姉妹のように分け隔て無くなりました。其の内の何人かとは、今でも母は親しく付き合っています。

 表題の件は丁度この日に起きました。

女の人たちは、各自持ってきた好物を出し合い、みんなで分け合ったり、夫との馴れ初めを披露したり、大いに盛り上がりました。お正月以外には絶対に食べられないようなご馳走とかが行きかい、みんなの楽しそうな笑いが絶え間なく起こります。

 私はそんな中で、どれが誰のかもわからぬまま、夢中で口にほおばり続けました。そんなこんなで、母が私の道中用に準備していたものも、父の大好物の故郷の特産品もいつの間にかみんなで一緒に食べ尽くしていました。

 

 夕方、とある大きな駅に付きました。車掌さんによると、車両整備のため、この駅で三時間停車するという事でした。母はさっそく、私を車内に残し、仲良くなった友達二人と、町の見物も兼ねて、父へのお土産補充にでかけました。

 当時、家にテレビは無く、ラジオを聴くこともめったに無かったので、住んでいるところ以外の世界は母には本当に新鮮に感じられました。三人はおのぼりさんそのままに、ドキドキ,ワクワクたっぷり三時間の買い物を楽しんで、両手いっぱいの買い物を抱えて駅に帰ってきました。

 ところが、汽車はすでに出ていました。駅員の話によると、車両整備が早く済んだため予定より二時間早く出発してしまったというのです。母はそれまでの興奮がいっぺんに冷え切ってしまいました。                               ( 続く )

|

« 涙が出ました | トップページ | 2.初めての迷子  続 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2.初めての迷子 (浩さんの物語):

« 涙が出ました | トップページ | 2.初めての迷子  続 »