« ヤマユリ(山百合) | トップページ | 異文化コミュニケーション »

2006/07/28

15.小学校入学

父の職場から家が支給される事になり、家族は皆大喜びしました。“張作霖”のお屋敷住まいは父にとっては誇りでしたが、実際には狭くて、薄暗くて、じめじめしていて、四人家族の生活には、余りありがたいものではなかったからです。

 新居は郊外のとても静かな場所にありました。“新居”といっても、壁のところどころは剥がれていて、築10年やそこらは経過している感じでした。初めてその家に行った時は4階だったせいもあり息を切らせてたどり着いたあとも、しばらくは興奮が収まりませんでした。その家には二間ありましたが、それぞれの部屋にオンドルかありました。

 冬季、部屋を暖めるために、以前と同様まきを割り、石炭を燃やさないといけないなんて・・・。これは私がアパートに抱いていたイメージと違いすぎます。アパートは暖房が完備していて、フワフワしたマットのベッドで眠れるとばかり思っていました。でも何といっても私達にとっては始めての自分達の家だったのです。

 新しい家に隣接して、小学校がありました。たまたま、大叔父(祖父の兄)がそこで働いていました。大叔父は七十歳に近く、人望もあり学校でとても影響力がありました。そんなこともあって私は未だ5歳だったのですが、入学試験を受けられる事になりました。当時の中国では7歳入学が普通でしたが、8歳で入学する人も多く年齢制限は比較的自由でした。とはいっても、入学するためには、入学試験に受からなければなりません。これは私にとって始めての人生の関門であり、その前後の事は今でもはっきりと覚えています。

 試験が近づくと父は私に数の数え方を教えてくれました。一から百まで覚えると次は百から一まで戻ります。幼稚園に行かなかったので、数字に触れた初めての経験でした。でも数字の音を聞いているとリズミカルでまるで音楽を聴いているみたいで、十まで覚えると後はとても簡単に覚えられました。こんな特訓を受けてどうやら入試に合格できました。


“浩ちゃん学校に行くんだって!”

“浩ちゃんは小学生になるのね!”周りの人が皆喜んでくれるのですが、私には小学生になるってどんな事かぜんぜん想像できませんでした。

                    ( 続く)

|

« ヤマユリ(山百合) | トップページ | 異文化コミュニケーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 15.小学校入学:

« ヤマユリ(山百合) | トップページ | 異文化コミュニケーション »