« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/31

天寿

先日、親戚のおばあさんがなくなった。享年94歳だった。お坊さんからも見習いたいといわれたほど本人は病気とも縁がなかったという。知り合いからの訃報などでも最近は、享年90余歳というのが時々ある。長寿国日本を実感する。

葬儀も身内だけのささやかなものだったが、心がこもった暖かなものだった。参列者も顔見知りばかりで、久しぶりの再会を懐かしみ近況報告や世間話に花が咲いた。おばあさんの思い出話も懐かしく、故人へより親近感を感じられた。5人の息子、娘も健在だが皆社会の第一線から退き、孫の世代が今正に現役で活躍していて時代の移り変わりを感じた。

最後にお別れのとき、子供達が

“母さん、ありがとうな!”

“お母さん、本当に長い間ありがとう!”

と話しかけていたが、私も思わず胸がジンとして涙がにじんでしまった。

地方で過ごした夢多き少女時代。

結婚後はご主人の肋膜との戦い(それゆえに徴兵は免除されたが)、身内の戦死、事故死。

終戦後は栄養失調から来る子供の相次ぐ病気との闘い、やっと成人した息子の一人の不慮の死(これは晩年までおばあさんを最も悲しませ続けた)

一人の女性として、精一杯生き抜いたおばあさんの顔は花に囲まれて眠っているように穏やかだった。

家に帰ると余韻に浸っている暇もなく、天寿を全うできなかった多くの死のニュースが目から、耳から飛び込んでくる。

母親の命を奪った少年、事故とはいえ酒飲み運転で三人の子供の命を母親から奪った青年、同級生の未来を奪った男子学生(?)、・・・・・・むごすぎる。

こんな殺伐とした世相のなか、ますます気がめいるような出来事が明るみに出た。

N新聞のスクープにより発覚した“子猫殺し(子猫連続虐殺)”だ。これは容疑者Bの告白をN新聞社がエッセーとして掲載した事により一般人の知るところと成った。

ペットとして飼っていた猫が子供を産み、育てきれないので始末したというものだ。

これだけだったら、好ましくはないがよくある話であり、多くの動物愛好家が直面し悩む問題であると思う。その悩みの中から、避妊という文化的解決法を生み出してきたのだと思う。いわば外科手術が必要だが、患者の苦しみを少しでも軽減するために麻酔という医療技術を発達させてきたようなものだ。

今回のケースでは容疑者Bは命を奪う罪悪感から来る苦しみを引き受けるといっているが、何回も平然()と実行している姿からは余り苦しんでいるとも思えない。

そこで一番苦しみを押し付けられているのは、三匹の母猫だと思われる。母体にとって妊娠、出産は非常に過酷な試練である。生まれてくる子供への愛情で何とか耐え潜り抜けているともいえるのに、誕生と同時にわが子を奪い去られるとしたら、これ以上のむごい仕打ちはありえないくらいのものだろう。こういうことを繰り返し実行できる人に、猫が好きだと口にして欲しくない。

又食肉文化などを持ち出し弁護する人もいるようだが、古来アイヌは食料とした熊の霊を弔うため熊祭りを行ってきたと聞いた事がある。ふぐの霊を祭るふぐ塚もある。古来人は自然界の中で生き生かされている事実に謙虚であったと思う。その文化的集大成として仏教もあるのだろう。無用な殺生をいさめている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/25

15.小学校入学  続

 小学校から合格通知が届くと、大叔父は大喜びでその日のうちに、通学かばんと大きな弁当箱を買ってくれましたが、弁当箱を入れただけでかばんがぷくっと膨らんでしまいました。

 それから数日して大叔父に連れられ、空っぽのかばんを肩に掛け教室に行き、私の小学校生活は始まりました。入学式も無く、新しい服もお祝いの言葉もなく、今の子供達に比べるとなんとも物足りない学校生活の開始でした。

 “授業中は、発言したい時は必ず手を上げなさい。先生が指名したら、発言を許可します。分かりましたか?”先生が言いました。

 “分かりました!”皆異口同音に答えます。私も精一杯大きな声で

“分かりました!”と叫びました。続いて先生は何か説明しながら、黒板に字を書いていくのですが、私には先生が何を言っているのかさっぱり分かりませんでした。そのうちに、黒板そのものに注意が移ってしまいました。大きな板が真っ黒に塗られていて、未だ墨のにおいもしてきます。廊下側の窓ガラスには大きな穴が開いていて、見ているうちにおなかがすいた化け物の口のように見えてきます。・・・

 先生が質問をしました。周りの人が静かに挙手します。皆背筋をピンと伸ばし、手をまっすぐに高々と上げています。私はそのとき先生が何を質問しているのかぜんぜん分かっていませんでした。でも皆の真剣な表情に釣られて、身体をしゃんとして、思わず手を上げていました。

 先生は教室をゆっくり見回した後、一番前の席に座っている小さな私に目が止まりました。

“それでは李浩さん、答えて御覧なさい”

その瞬間、教室中の視線が私に集まったのが分かりました。先生も微笑んで一寸首を傾けて私の答えを待っています。私は勢いよく立ち上がったのですが、急になんだかとてもおかしくなって、思わず笑い出してしまいました。もちろん先生の質問にも答えられませんでした。何日もこんな頓珍漢な事ばかり繰り返したので、ついに先生が言いました。

“李浩さんは授業を受けるのに慣れるまで、教室の一番前で立ったまま聞いてなさい!”

そんなわけで、背も飛びきり小さな私は、いつも教室の一番前に立たされ、何につけ一番目立つ人になってしまいました。

 
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 しばらく浩さんの物語をお休みしていました。理由は、今浩さんが資格試験の受験勉強の真っ只中だからです。中国の東北地方出身の浩さんが、東京の夏を扇風機だけで過ごしているので大変みたいです。又お子さんは夏休み、お仕事も続けているし・・・・。

 

 試験が終わったら又書いてくれるとのことなので楽しみにしています。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/21

凄すぎます!

 昨日の早稲田実業と駒大苫小牧の決勝戦を見て、久しぶりに心が震えるような時間を味わった。


 1時からの試合開始に間に合うよう、少し早めの昼食を食べに駅前の回り寿司に行った。お盆休みを利用して北アルプスを登った帰りに立ち寄っていた、関西在住の息子のおごりだ。

 たらふく食べ満足して家に帰ると試合はすでに始まっていた。両者まったくの互角。一進一退の試合が展開されていた。外から急いで返ってきたので体中から汗が吹き出てくる。暑い室内に座っているうちに、私はいつのまにかうとうととしていた。

 はっと気が付くとTVから緊迫した空気が流れていた。苫小牧が1点先取して早実が追う展開になっていた。息子はと見るとやはり居眠りをしていた。昨日までの縦走の疲れが出たのだろう。私はいっぺんに目が覚め、クーラーのスイッチを入れ背筋を伸ばして画面を見つめた。もちろん息子も起こし、以後画面に釘付けになる。

 

 “早実に勝って欲しいな。王さんの母校だよ”

 “苫小牧はおばあちゃんの故郷の北海道代表だよ。道産子が勝って欲しいし・・・・”

両校の投手がまた甲乙つけがたい。涼やかな都会的雰囲気を持つ斉藤投手、かたや北海道の大地がはぐくんだとでも言える質実堅固な顔立ちの中に、時折あどけなさの残る温かな笑顔を見せる田中投手。

何回も訪れた得点チャンス。それを防ぎきるナイン。なかにはさまれるバント、スクイズ、敬遠、140キロ級の速球の連続、・・・・。

延長戦に入ってからは、息子は時々心臓が破裂しそうだと口走るし、私は急に外の暑さを思い出して選手の体調ばかり気になりだすし・・・・・。

最後のほうは、どっちが勝つてもいいから早く決着がついてほしいと念じ続けた。

そして延長15回戦の終了。凄すぎます。両校の選手全員全力を出し切っての互角の闘い。できる事なら両校に優勝旗をあげてほしいと思いました。

今日再決戦が行われるという事です。私はただただ、両校選手が無理をしすぎて体を壊さないよう祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/16

看板倒れが多すぎます

最近、暑いので避暑もかねて映画を見に行った。まずはD社の海賊物。D社のアニメといえば、私の幼い頃のお気に入りだったし、今回の作品は実写版だが、とても評判が良かったので結構期待していた。前半部分はドリフ的のりで笑える場面が多かったが、後半は場面展開に無理が多く、何で?何で?と思っているうちに終わってしまった感じだった。感情移入できる人物が見つからなかったのも終わった時の失望感を増した。

これは私が、D社に対しての思い入れが強かったが故で、一般の娯楽作品としては及第点なのだろう。

次に見たものはG戦記。私の大好きなジブリ作品であり、今までの経験から期待を裏切られる事は少しも予想していなかった。それだけに・・・・・・、終わった後は、時間を返せ!お金を返せ!と叫びたくなった。宮崎駿監督の息子の習作という。優れた監督の息子というだけでいわばアニメの素人がいきなり優れた作品が作れるほど、この世界は底が浅いものなのか。出来上がった作品を見てそれでも、ジブリ作品として公開した基準は何処にあるのか。・・・・・張り裂けそうな失望感で悶々としていたが、インターネットで多くのユーザーレビューを読み、わが意を得たりとだいぶ気が楽になった。ジブリの長年のフアンとして今後の対処を見守りたい。


格闘技のKの世界戦にも唖然とした。もともと格闘技にはあまり興味ないが、前宣伝も華々しかったこともあり、なんとなく初めと終わりの方を見ていた。やっぱり世界の壁は厚いな、で終わると思った。それがKの判定勝ちとは・・・。ネットでは9割が判定負けという意見だった。

プロスポーツは大衆娯楽だ。大多数の観客の共感を得られないで、興行サイド側だけの都合が先行するようでは今後が危惧される。


 そして国を挙げてのK劇場。大団円ともいえる千秋楽の打ち上げ。すべてのマスコミの注視の中、千両役者K氏登場。でもこの劇どっか変です。何がおかしいのか、ずっとTVを見ながら考えていました。そう、この役者、客に背中しか見せていません。観客のほうを見ていないんです。過去や死者、に向かっているだけで、現在や未来、日本人やアジアの人々にたいしてずーっと背中を向け続けていたのです。

 千秋楽だけではありません。このK氏は劇を通じて観客の事を余り見ていませんでした。一部の取り巻きと、コアなファンだけの為に髪振り乱して熱演を続けていたように見えました。今、世界はネットの時代、観客は日本人だけではありません。それを知ってか知らずか、仲間内の論理で内向きに田舎芝居をしても、世界はしらけるだけです。

 私が見ていて、一番恥ずかしかった事は、中国や韓国にたいする横柄な態度です。過去において、戦争、植民地支配等で何百万、何千万という人々を傷つけ、命を奪い、生活を破壊した国の後継者の責任者として、被害者の心の声にもっと真摯に耳を傾けるべきではないでしょうか。それを度重なる抗議に対し聞く耳を持たず

“他国の圧力に屈しない”という耳を覆いたくなるような捨て台詞。日本人として何度もいたたまれない気がしました。一日も早い終演が待たれる今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/14

ご近所の散策

 毎日暑い。梅雨がなかなか明けない時は、野菜が高くなるのどうのと文句を言っていたのに、いざ夏本番になると、暑い!暑い!と文句ばかり。人間て勝手な生き物だ。

とはいっても、こう暑いとブログの更新意欲もなくなり、最近こっている「数独」なんかを解いて櫃まぶしじゃなくて、暇つぶしをしている。

今日は珍しく5時半頃目が覚めた。もう一眠りしようかとも思ったが、外は未だ涼しそうなので、久しぶりに散歩に出ることにした。簡単に朝食を済ませると、ペットボトルに麦茶を補充し、日傘とデジカメを手に家を出た。

涼しい!まるで高原のリゾートに来た気分だ。

Tuyukusa しばらく見ないうちに、道端の花々の顔ぶれも変わっていた。Hagiヒルガオ(昼顔)、ツユクサ(露草)、ヤブガラシ(藪枯らし)、ワルナスビ(悪茄子)、イヌタデ(犬蓼…アカマンマ)、ハギ(萩)・・・・・。栗の木には可愛らしいイガが顔を出し、柿の実もかなり大きくなっていた。いつの間にか秋もそこまで来ているようだ。

中でも、高砂ユリがあちらこちらで咲きだしているのが目についた。植物は花が咲いて、始めてその存在に気づく事が多い。高砂ユリも春先の芽出しの時期には、目に付くが後は気にとめることもない。特に夏の暑さの中で完全に忘れている。それだけにある日すくっと伸びた茎の先端に数輪の花が開いたのを見つけたときは、感動がジワッと湧き出てくる。

Takasagoyuri 高砂ユリは、台湾から1924年に観賞用に導入されたという。丈夫で、種子の発芽した年から開花することもあり、今では各地に野生化しているという。

我が家の庭にも毎年、数本が花を咲かせてくれる。特に植えたわけでもない。風が運んでくれたのだろう。始めて花が咲いたときはうれしくて、翌年はユリの花園になるのを期待して庭中に種をまいた。しかし次の年も数本の花が見られただけだった。自然界には種子を食料としている生き物がたくさんいることを実感した。そういえば、スズメやムクドリが群れを成して地面をつついている姿は良く見かける。彼らにとっての種子の大きさは、人間にとっては、ミカンや柿ぐらいの感じかもしれない。そう簡単には見逃されないのだろう。

1時間ほど歩くうちにうっすらと汗をかいてしまった。今日も暑くなりそうだ。家に帰ると息子が洗面所で顔を洗っていた。

“何処行ってたの?”

“近所、散歩してきたのよ”

“ああそう、ご老人のいわゆる徘徊ってやつね”

いくつになっても減らず口ばかり達者だ。せっかくの朝のすがすがしさも台無しである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/07

白馬岳散策

 関西に住む息子は、六甲登山昂じて、目下、日本百名山踏破中である。それに対して私は、もっぱら山腹のお花畑の散策に特化している。先週は北アルプスの白馬岳に行ってきた。昨年も行ったのだが、大いに気に入ったので再度訪れたのだ。

一日目は宿舎に到着後夕食までの数時間、山麓の林を歩いてみた。水ナラ、瓜肌カエデなど東京では高尾山にいっても珍しい木が、いたるところにさりげなく生えている。やはり山岳地帯に来たのだという感慨が沸いてくる。

二日目は栂池自然園に行った。栂とは大シラビソのことで、多雪地帯に適応した松科の樹木だ。昨年はロープウェイから見渡す限り、枝という枝に紫色の葉巻のような形の松ぼっくりがびっしり付いていて、ある種の感動を覚えた。それが今年は一つも見当たらないのだ。時期が早かったのかなあ。今年は全般に花が遅いし・・・。それにしても未熟の小さな松ぼっくりが付いていてもよさそうなのに。色々自問自答していると、案内の人が説明してくれた。

“今年は実が付かない年で、自然園全体で未だ3つしか見ていません”生り年という言葉は聴いた事がある。しかし、ここまで徹底してるとは思っても見なかった。これでは昨年の豊作で増殖した、オオシラビソを食料としている生き物にとって、今年の秋や冬はかなり厳しいものとなるだろう。

終点についてしばらく歩くと最初の湿原に出る。昨年の、花園に投げ込まれたような感動が蘇り足が自然と早くなる。しかし今年の湿原は花が少なかった。圧倒する緑のそこかしこに黄色い花が点在している。しかし寂しい限りだ。注意深く観察すると、蕾はたくさん付いていた。やはり今年は、ここでも花の開花が遅いようだ。歩くうちに、水芭蕉や白根アオイなど春先の花がそこかしこに咲いている。風穴付近は雪が多く残り、滑らないよう雪道をおそるおそる歩いた。昨年は風穴の内部に少し残っていただけなのにえらい違いだ。そういえば、息子が5月の連休に甲武信岳を登った時、途中から腰までの雪道になり苦労したと話していた。自然は平均値で推移してくれないから十分な注意をしないと危険だ。

水芭蕉というと尾瀬、そしてあの有名な歌が思い出されるが、私にはもう一つ必ず思い出す事がある。歌が大ヒットした頃、母がよく言っていた。

“昔は家の近くの水溜りなら何処でも普通に見られたものだよ”母は根室の人だったので、東京近郊では高山に行かないと見れない花が、北海道では平地で見れたらしい。利尻、礼文の花めぐりもこれをうまく利用したものだろう。苦労して高山に登らなくても、素晴らしい高山植物に出会えるという。とくに中高年の足の弱い人にはお勧めの裏技である。

山の夏は短い。帰京してから一週間。多分今頃、湿原は夏の花で彩られているのだろう。ひょっとしたら、数枚見られたナナカマドの紅葉ももっと進んでいるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/04

異文化コミュニケーション

 昨日は視聴覚教室001Flickrを大画面で大人数で見るぞ!」に行ってきました。好奇心のなせる業です。旅行が空間移動の冒険とするならば、四次元世界の小旅行といった感じでした。

まず会場探しが一苦労で、渋谷の繁華街を歩いている段階から、もう異国の旅に乗り出した感じで、少々ワクワクしました。そういえばこんな時間、こんな場所を歩いた事は私の人生において余りなかったな。私はやはり狭い世界しか知らない人間なんだなあ。この年になっても、都会では私はおのぼりさんでしかないんだなあ・・・・。色々感慨にふけりながら、めざすビルに入って、守衛さんに聞いてもそんな講演会はやってません、という事で狐に化かされた気分になりました。幸い私がメモしていた電話番号を見て近くの喫茶店を教えてくれました。入ってみて二度ビックリ、公演を聴くというより、おしゃべり会場という感じで、知る人もなく心細いやら、場違いなところに来てしまったという後悔やらが入り混じり、主催者の話ぐらい聞いたら直ぐに退散しようと思って空いているソファに座っていました。

まずcatfrogさんからのFlickrの紹介、説明。店の壁いっぱいに映し出される映像。これが又期待していたのとは大違い。このIT時代、これでもかという大画面と鮮明な映像を見せてくれるのかと期待していたのですが、実際には凹凸のある壁にぼやけた画像が映されるだけ。もう帰ろう、絶対帰るぞ!と時期を見計らっているうちにソファの空いていた一端に先ほどまでインド旅行の映像を見せながら解説してくれた人が座り、私のもう一端に座っていた人とインド旅行の話を始めました。しばらく聞いているうちに、面白そうなので、勇気を出して会話に入ってみました。

写真を撮るとは、“獲る”ではなくシャッターを通して会話すること。現地の人と友達になるには、言葉も大事だけど、ボデイラングェジがより有効とのこと。要するに笑顔です。日焼けした顔に健康そうな白い歯が見えるその青年の笑顔は確かに爽やかで好感がもてました。

次の闖入者の尋問役は、catfrogさんでした。私は怪しい者ではないこと、ブログを見て興味を惹かれてきてみたことを誠心誠意説明して納得してもらいました。ブログに度々登場する猫のボリス君をめぐってひとしきり話が弾んでしまい、気が付くと10時を過ぎてしまっていたのであわてて会場を後にしました。

 

 久しぶりに若い人たちと話していて、ふと私の若いころと比較してしまいました。あの頃、話題はストやデモや集会、闘争の事ばかりでした。もっと張り詰めた緊張感があったようにも思います。でも人間としてみた場合、共通するものも多いように感じました。私としては楽しい時間でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »