« 看板倒れが多すぎます | トップページ | 15.小学校入学  続 »

2006/08/21

凄すぎます!

 昨日の早稲田実業と駒大苫小牧の決勝戦を見て、久しぶりに心が震えるような時間を味わった。


 1時からの試合開始に間に合うよう、少し早めの昼食を食べに駅前の回り寿司に行った。お盆休みを利用して北アルプスを登った帰りに立ち寄っていた、関西在住の息子のおごりだ。

 たらふく食べ満足して家に帰ると試合はすでに始まっていた。両者まったくの互角。一進一退の試合が展開されていた。外から急いで返ってきたので体中から汗が吹き出てくる。暑い室内に座っているうちに、私はいつのまにかうとうととしていた。

 はっと気が付くとTVから緊迫した空気が流れていた。苫小牧が1点先取して早実が追う展開になっていた。息子はと見るとやはり居眠りをしていた。昨日までの縦走の疲れが出たのだろう。私はいっぺんに目が覚め、クーラーのスイッチを入れ背筋を伸ばして画面を見つめた。もちろん息子も起こし、以後画面に釘付けになる。

 

 “早実に勝って欲しいな。王さんの母校だよ”

 “苫小牧はおばあちゃんの故郷の北海道代表だよ。道産子が勝って欲しいし・・・・”

両校の投手がまた甲乙つけがたい。涼やかな都会的雰囲気を持つ斉藤投手、かたや北海道の大地がはぐくんだとでも言える質実堅固な顔立ちの中に、時折あどけなさの残る温かな笑顔を見せる田中投手。

何回も訪れた得点チャンス。それを防ぎきるナイン。なかにはさまれるバント、スクイズ、敬遠、140キロ級の速球の連続、・・・・。

延長戦に入ってからは、息子は時々心臓が破裂しそうだと口走るし、私は急に外の暑さを思い出して選手の体調ばかり気になりだすし・・・・・。

最後のほうは、どっちが勝つてもいいから早く決着がついてほしいと念じ続けた。

そして延長15回戦の終了。凄すぎます。両校の選手全員全力を出し切っての互角の闘い。できる事なら両校に優勝旗をあげてほしいと思いました。

今日再決戦が行われるという事です。私はただただ、両校選手が無理をしすぎて体を壊さないよう祈るばかりです。

|

« 看板倒れが多すぎます | トップページ | 15.小学校入学  続 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凄すぎます!:

« 看板倒れが多すぎます | トップページ | 15.小学校入学  続 »