« 15.小学校入学 | トップページ | 白馬岳散策 »

2006/08/04

異文化コミュニケーション

 昨日は視聴覚教室001Flickrを大画面で大人数で見るぞ!」に行ってきました。好奇心のなせる業です。旅行が空間移動の冒険とするならば、四次元世界の小旅行といった感じでした。

まず会場探しが一苦労で、渋谷の繁華街を歩いている段階から、もう異国の旅に乗り出した感じで、少々ワクワクしました。そういえばこんな時間、こんな場所を歩いた事は私の人生において余りなかったな。私はやはり狭い世界しか知らない人間なんだなあ。この年になっても、都会では私はおのぼりさんでしかないんだなあ・・・・。色々感慨にふけりながら、めざすビルに入って、守衛さんに聞いてもそんな講演会はやってません、という事で狐に化かされた気分になりました。幸い私がメモしていた電話番号を見て近くの喫茶店を教えてくれました。入ってみて二度ビックリ、公演を聴くというより、おしゃべり会場という感じで、知る人もなく心細いやら、場違いなところに来てしまったという後悔やらが入り混じり、主催者の話ぐらい聞いたら直ぐに退散しようと思って空いているソファに座っていました。

まずcatfrogさんからのFlickrの紹介、説明。店の壁いっぱいに映し出される映像。これが又期待していたのとは大違い。このIT時代、これでもかという大画面と鮮明な映像を見せてくれるのかと期待していたのですが、実際には凹凸のある壁にぼやけた画像が映されるだけ。もう帰ろう、絶対帰るぞ!と時期を見計らっているうちにソファの空いていた一端に先ほどまでインド旅行の映像を見せながら解説してくれた人が座り、私のもう一端に座っていた人とインド旅行の話を始めました。しばらく聞いているうちに、面白そうなので、勇気を出して会話に入ってみました。

写真を撮るとは、“獲る”ではなくシャッターを通して会話すること。現地の人と友達になるには、言葉も大事だけど、ボデイラングェジがより有効とのこと。要するに笑顔です。日焼けした顔に健康そうな白い歯が見えるその青年の笑顔は確かに爽やかで好感がもてました。

次の闖入者の尋問役は、catfrogさんでした。私は怪しい者ではないこと、ブログを見て興味を惹かれてきてみたことを誠心誠意説明して納得してもらいました。ブログに度々登場する猫のボリス君をめぐってひとしきり話が弾んでしまい、気が付くと10時を過ぎてしまっていたのであわてて会場を後にしました。

 

 久しぶりに若い人たちと話していて、ふと私の若いころと比較してしまいました。あの頃、話題はストやデモや集会、闘争の事ばかりでした。もっと張り詰めた緊張感があったようにも思います。でも人間としてみた場合、共通するものも多いように感じました。私としては楽しい時間でした。

|

« 15.小学校入学 | トップページ | 白馬岳散策 »

コメント

まったく知らない方から、
コメントをいただいても嬉しいものなのに、
一寸でも面識がある方からコメントをいただくと、
とても心強く感じます。
今後とも感想なりお寄せいただければ幸いです。

投稿: akiko | 2006/08/06 12:44

どもっすー!
昨日はお疲れ様でした!&早速のTBありがとうございました。

全然怪しんだりしてませんでしたよw
地元話&名峰話、楽しかったです。ボリス(boris)のことを詳しく知ってらっしゃったのでびっくり&うれしかったです。RSSリーダに登録させていただきましたのでこれからもちょくちょくお邪魔しますね~。

では!

投稿: catfrog | 2006/08/04 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59673/11257238

この記事へのトラックバック一覧です: 異文化コミュニケーション:

» 視聴覚教室001:開催しました [[AAC]視聴覚教室]
参加していただいたみなさんありがとうございました。 とりあえず!やはり画面がデカ [続きを読む]

受信: 2006/08/06 22:52

« 15.小学校入学 | トップページ | 白馬岳散策 »