« トラックバック有難うございます(蟻の兵隊) | トップページ | 秋の剪定 »

2006/09/25

初秋の里山

 このところ朝夕めっきり涼しくなってきた。

“暑さ寒さも彼岸まで”この言葉が未だ形骸化してない事を喜びつつ近所の里山散策に出かけた。


Kinmokusei 農家の庭先からは懐かしい金木犀の香りが漂い、畔道や林縁のそこかしこに真紅の彼岸花が咲いている。日差しを穏やかに反射しながら、ススキの穂が時折吹きすぎる爽やかな風に揺れる。赤とんぼは棒先に止まり、モンシロチョウ、アゲハチョウ、ツマグロヒョウモンなども花から花へ蜜を求めて飛び交っている。

前回歩いた時はエノコロ草(猫じゃらし)がそこかしこで目に付いたが、今回はカヤツリ草(蚊帳吊り草)が正に旬という感じだった。カヤツリグサの茎を両端から二分して裂いていくと・・・・あら不思議、大きな四角形が現れる。これは気が合った二人でやらないとなかなかうまく行かない。小さな時良く遊んだ。

当時、網戸がなかったので蚊帳は夏の生活必需品だったが、子供にとっては楽しい思い出がいっぱい詰まっている。蚊帳をくぐる瞬間、今風に言えば異次元へワープするようなワクワク感を味わえた。毎日そっと不思議の国へ滑り込み、そのまま夢の世界で羽を広げ自由に飛び回った。

Turubo 今の季節、紫色の花が結構目に付く。ツルボ、アザミ、ハギなど。ツリガネニンジン(釣鐘人参)も結構見かける。この花は夏の終わり頃が最盛期だと思っていたが、草刈で一度刈られた後から二番目の茎が伸び又花をつけている。スズランに似た花で可愛らしい。

この辺では結構良く見かけるのだが、ある時、茎の節から出ている葉の数が、固体ごとに同じでないのに気が付いた。目に付くたびに数えてみると1枚から6枚まで見つかった。植物学用語で言うと、互生(1)、対生(2)、輪生(3枚以上)すべてそろっていた。あらゆる可能性に挑戦しているように見えた。

そういえば、8月に行った白馬岳で見たハクサンシャジン(白山沙参)もツリガネニンジンが高山に適応したものとして区分しないとの見解も紹介されている。要するに順応性が高いのだ。日本全国の山野で普通に見られ、春の新芽は“ととき”と呼ばれ美味という。

多様性に挑戦する柔軟性が、この植物を南から北、低地から高山まで広く適応可能にしているのかもしれない。

(注) ツリガネニンジンは東京近郊では最近個体数が減少しているようなので、食べないで花を観賞するだけにしたい!

|

« トラックバック有難うございます(蟻の兵隊) | トップページ | 秋の剪定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の里山:

« トラックバック有難うございます(蟻の兵隊) | トップページ | 秋の剪定 »