« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/25

ディープインパクトありがとう!

 昨日、有馬記念があった。数日前から行こうか行くまいか悩み続けた。ディープの最終レースをしっかりとこの目で見届けたい。遠くても、混んでいても行きたい!しかし前日の報道で、混雑して入場制限が行われそうだとの予測が流れ、行くのを断念した。その時を共有できないのはなんとしても避けたかった。

午前中は、師走のあわただしさのなかに過ごしたが、正午を過ぎると気持ちが何となく高ぶってくる。1時間ほど近所の散歩をして気分転換して家に帰りテレビをつけると、ディープがパドックから出ていくところだった。危うく見逃すところだった。

ゲートになかなか入らない馬がいてやきもきさせられた。以前のディープを思い出した。やんちゃな馬だったな。いつもはらはらさせられた。それが今回はどうだ、颯爽と実に決まっている。

出走後は、相変わらず出遅れた。でももう心配はしない。今に見ていろ!それにしても先頭の馬が速い。速すぎる。どんどんと引き離される。もしや、前回の有馬記念のように抜けないで終わるのか。

しかし今回のディープは違った。3コーナー辺りから、スーと他の馬を抜きさり、そのまま軽やかにまるで走る事が楽しくてたまらないようにゴールを後にしていた。

“天馬空を飛ぶ”ディープが天馬になった瞬間だった。

この二年間、ディープと同時代を歩めて幸せだったと思う。

身体がそれほど恵まれているわけでもない。出足はいつも最悪と言わないまでも、もたついている。その後もズーと他の駿馬のなかで鳴かず飛ばず。もうあきらめた頃、さりげなく他の馬を次々と抜かし、いつの間にか先頭でゴールを駆け抜けている。

これからの私は又以前のように、あまり混まない競馬場に気が向いたときに行って、広い緑の芝生を疾走する馬の姿をのんびり見つめるだろう。

パドックで逸る馬を見てはダービーの日の君を思い出し、馬群が3コーナーを回ると、きっと後ろから君が駆け上ってくるのを心待ちにするだろう。

これからの人生、ディープ、君を忘れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/22

サザンカの仲間

Sazanka この季節の花といえばサザンカ(山茶花)だろう。


♪さざんかさざんか咲いた道、たき火だたき火だ落ち葉たき♪


幼い頃よく口ずさんだ歌も懐かしい。冬枯れで寂しい住宅地や公園、農家の庭先などで、赤や白、一重や八重咲きの花があたりにぱっと華やかさをかもし出している。

 一番良く見かける赤の八重(カンツバキ)が基本種だとずっと思っていたが、沖縄あたりで自生している白の一重咲きが日本の固有種の原型だという。私の好きな“富士の峰”という純白で八重咲きの品種も原種の白を受け継いでいるのだろう。

もともと花が少ない時期に咲き日本人の嗜好にも合ったのか、江戸時代初期から様々な品種改良が行われて50数種の品種が見られたという。今日では世界中で愛好され数百の品種があるらしい。

サザンカはツバキ科ツバキ属で仲間にヤブツバキとチャがある。

ツバキ属は本来中国西南部が故郷で一帯には150種が分布しているという。暖帯、亜熱帯モンスーン地帯、いわゆる照葉樹林帯を代表する樹木である。日本の場合、暖流の影響でかなり北まで海岸線に沿って自生地が伸びているようだ。

 ツバキの仲間は普通、観賞用として珍重されているが、油の原料としても貴重なものが多い。材も緻密で各種の器具類に用いられている。チャ(茶)の飲料としての重要性はいうまでもないであろう。



 参考   植物の分類を簡単に紹介したい。


      科 > 属 > 種 > 品種 


 ツバキ科>ツバキ属>サザンカ>カンツバキ(寒椿)、フジノミネ(富士の峰)


 ツバキ科>ツバキ属>ヤブツバキ>ユキツバキ(雪椿)、ワビスケ(侘助)


 ツバキ科>ツバキ属>チャ  >シネンシス(緑茶系)、アッサミカ(紅茶系)


 バラ科 >リンゴ属>リンゴ >フジ(富士)、ツガル(津軽)、コウギョク(紅玉)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/15

赤い実

庭を見ると数日前までびっしりと真っ赤な実をつけていたピラカンサの実がきれいさっぱりなくなっていた。買い物途中、少し回り道してよってみた公園のピラカンサの実も予想どうり、もののみごとに無くなっている。たぶんヒヨドリかムクドリたちの仕業だ。一番おいしく熟したころあいを見計らっているようだ。


この頃、我が家の梅の木に作ってある餌台は開店休業状態だ。残り物のパンやご飯が何日も残っている。そこかしこおいしい天然の恵みに満ち溢れているのだから当然といえば当然なのだが、ヒヨドリの物欲しげな眼差しにせかされて餌を置いていた日が懐かしくもあるが、まあ一月もすればまた戻ってきてくれるだろう。

今の時期、我が家の庭に限っても赤い実が目に付く。

ピラカンサ、マンリョウ(万両)、センリョウ(千両)、ナンテン(南天)、カラスウリ(烏瓜)、・・・。

他にアオキ、イヌマキ、モッコク、野イバラもよく実生で出てくる。ガマズミ、ハナミズキ、トベラもたまにだが芽を出すがいずれも実が赤い。ネズミモチ(黒紫)、へクソカヅラ(黄土色)などの実生も出ては来るが、赤い実の実生が圧倒的に多い。

 鳥は赤い色が好きなのかな?調べてみたら案の定、昆虫は蝶を除いて、赤を識別できないが、鳥ははっきりと識別しているという。

この時期、昆虫に頼れないとしたら、鳥の目に付く赤は種子散布上、絶対に有利なのだろう。そういえば、冬に咲く代表的な花、ツバキ(椿)が目に鮮やかな赤い色をしているのも納得できる。メジロなどの鳥がハチや蝶の代わりをして受粉を手伝ってくれるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/08

イチョウの木  

Ityou  昨日はぐっと冷え込んだ。一日中冷蔵庫に入っている感じだった。TVによると今朝の都心と郊外の気温差は7度近いという。都心では未だ見ごろの紅葉も、我が家の周辺ではもうピークを過ぎ、例年にくらべ遅れぎみだったイチョウの黄葉もあらかた散ってしまった。季節は晩秋から、初冬へと確実に歩を進めている。

 これは、2日前に書いた文章だ。いざ投稿しようとしたらメンテナンス中との事。プロバイダーサイドとしては技術的改良を心がけてくれたのだろうが、もう少し利用者サイドの事情を考えてくれても良かった気はする。今読むと少々間が抜けてしまったが、全体的には余り改変する必要も感じないので、そのまま投稿することにした。

 イチョウの思い出は、私が東京へ引っ越してきた時から始まる。あの炒って翡翠(ヒスイ)色に変化した実のおいしさを思い浮かべながら、ある時木の下に落ちている実を袋にいっぱい拾った事がある。しかも素手で・・・。その結果何回洗っても落ちない強烈なにおいが手にこびりついた。あとで友人から、割り箸で拾いその後、土に10日間ほど埋めておくときれいに実(ぎんなん)だけになると教えられた。

東京ではさして珍しい木ではない。公園、街路樹、大学の構内などいたるところで目にする。春のソメイヨシノ、秋のイチョウという感じだ。

以前、知り合いから聞いた話だが、新居の庭に木を植えたとき、植木屋さんに珍しい木があると言われて植えた木が、コナラだったという。里山では最もポピュラーな木だが庭木としては余り扱われないのだろう。

それに対しイチョウは自然界では、中国にわずかに自生種が存在しているという絶滅危惧種の最たるものだ。どうやら都会の樹種は、自然とだいぶ様相が違うようだ。

ここでざっと植物の歴史を振り返ってみたい。

太古(30億から42000万年前)、光合成を行う生命体、すなわち植物は海で生活していた。一部が陸に上がり古生代(41000万年から25000万年前)シダ(羊歯)植物として大繁栄を遂げる。しかし地球の乾燥化が進み胞子生殖(乾燥に弱い)の欠点を克服した裸子植物(胚が種皮で包まれているー胚珠)が主役となり、それを食料とする恐竜と共にわが世の春を謳歌する。

次に胚珠を更に心皮(子房)で覆ったもの、すなわち被子植物が登場する。心皮は花となり花粉や蜜をつくり、あるいは果実に変化して虫や動物に食料を提供する事により、植物自身の花の受粉や種子の散布を手伝ってもらうという共生に成功し、次の時代の主役を担うことになる。新生代第三期(6500万年から170万年前)のことであり、この流れは現在まで続いている。

裸子植物でも針葉樹の種子は松やカヤのようにリス、野鼠などの食料になり広範囲の散布が可能だったが、イチョウはどうもあの強烈な匂いが、食べられる危険から種子を守るものの、広く散布する可能性を拒否してしまったように見える。

それもあってか裸子植物であるイチョウは衰退の道を辿る。化石の研究によると中生代(24000万年から6500万年前)には南北両半球に広く分布していたのが、新生代には北半球に分布が限られるようになる。日本では200万年から100万年前の地層から出てくるのが最も新しいという。

しかし中国最後の生き残りが人間との共生というあらたな道を見出したようである。日本に渡来してこの傾向はますます強まる。大陸文化に伴って日本に渡ってきたようで神社や寺院の境内には大事に守られて巨木になったものが多い。特に近代以降は新しい都市景観の中に積極的に取り入れられた。イチョウの未来は良くも悪くも私達の未来と重なってしまったようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »