« サザンカの仲間 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2006/12/25

ディープインパクトありがとう!

 昨日、有馬記念があった。数日前から行こうか行くまいか悩み続けた。ディープの最終レースをしっかりとこの目で見届けたい。遠くても、混んでいても行きたい!しかし前日の報道で、混雑して入場制限が行われそうだとの予測が流れ、行くのを断念した。その時を共有できないのはなんとしても避けたかった。

午前中は、師走のあわただしさのなかに過ごしたが、正午を過ぎると気持ちが何となく高ぶってくる。1時間ほど近所の散歩をして気分転換して家に帰りテレビをつけると、ディープがパドックから出ていくところだった。危うく見逃すところだった。

ゲートになかなか入らない馬がいてやきもきさせられた。以前のディープを思い出した。やんちゃな馬だったな。いつもはらはらさせられた。それが今回はどうだ、颯爽と実に決まっている。

出走後は、相変わらず出遅れた。でももう心配はしない。今に見ていろ!それにしても先頭の馬が速い。速すぎる。どんどんと引き離される。もしや、前回の有馬記念のように抜けないで終わるのか。

しかし今回のディープは違った。3コーナー辺りから、スーと他の馬を抜きさり、そのまま軽やかにまるで走る事が楽しくてたまらないようにゴールを後にしていた。

“天馬空を飛ぶ”ディープが天馬になった瞬間だった。

この二年間、ディープと同時代を歩めて幸せだったと思う。

身体がそれほど恵まれているわけでもない。出足はいつも最悪と言わないまでも、もたついている。その後もズーと他の駿馬のなかで鳴かず飛ばず。もうあきらめた頃、さりげなく他の馬を次々と抜かし、いつの間にか先頭でゴールを駆け抜けている。

これからの私は又以前のように、あまり混まない競馬場に気が向いたときに行って、広い緑の芝生を疾走する馬の姿をのんびり見つめるだろう。

パドックで逸る馬を見てはダービーの日の君を思い出し、馬群が3コーナーを回ると、きっと後ろから君が駆け上ってくるのを心待ちにするだろう。

これからの人生、ディープ、君を忘れない。

|

« サザンカの仲間 | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディープインパクトありがとう!:

« サザンカの仲間 | トップページ | あけましておめでとうございます »