« ウメ (梅) | トップページ | “あなたを忘れない” »

2007/02/26

これって産直?!

ここ数週間ノー天気を自称している私も少々落ち込んでいました。しかも原因が自分で作った本なのですから世話はありません。自業自得といわれればそれまでです。

 話を遡れば8年前になりますが、端折って昨年の事から簡単に振り返ってみます。

 ブログでつづって来た自分史を、本にするにあたりやはり思想的にも共感してくれるところをと探して、知人の紹介で見つけた出版社でした。できた本も大体において満足できるものでしたので、販売も1年間全面的に任せました。昨年末に経過報告をしてもらったのですが、納得いかない点があったので、第三者に入ってもらった話し合いの場を設定したところ、突然販売契約の打ち切りと、在庫返却が通告されました。寝耳に水ではありましたが、宅配業者さんが本の持って行き場がないと困るようなので引き取りました。

 しかし突如できた本の山に、私もしばらくはどうしていいか分かりませんでした。息子はベッドにでもしたらとからかいます。厚くて面白くない本の事を、枕にするとよく言っていたバチが当たったのかもしれません。なるべく目をそらし考えないようにしていたのですが、やはりこのままほっとくわけにも行きません。

 勇気を出して、何社かの取次業者に電話してみました。答えは出版社との取引以外には応じないというもので、ますます意気消沈し、個人の無力をいやでも感じさせられました。しかし捨てる神あれば、拾う神ありで“アマゾンのE託販売サービス”は個人も対象らしいよと教えてくれた人がいました。

さっそくネットで調べると、機械オンチの私でも簡単に登録できました。今まで一寸斜めに見てきたアマゾン様さまです。

 これって考えてみれば野菜ならぬ、本の産直ですね。個人がやりようによっては世界を相手にできるってアル意味すごい事だなあと感じ入ってます。

ブログで拾い読みしてお気に召して購入してくだされば幸いです。また購読して面白いと思った方が知人の皆様に紹介していただけたらもっと幸いです。又感想や批判何なりとコメントでお寄せください。

追記  先日、出版社サイドとの話し合いがもてました。どうやら私の誤解が行き違いの出発点だったようです。色々ご迷惑おかけしました。

 本の販売形態は、今の“産直”方式も利点があるので、このまま続けようと考えています。

|

« ウメ (梅) | トップページ | “あなたを忘れない” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59673/14052957

この記事へのトラックバック一覧です: これって産直?!:

« ウメ (梅) | トップページ | “あなたを忘れない” »