« 東京をどうしたいか、私の提案。 | トップページ | スプリング・エフェメラル »

2007/03/19

こぶしの花

  近くの里山を歩いた。ここ数日風が冷たくて又冬に戻ったような感じだが、自然は着実に歩を進めている。小高いところから眺めると、少し前まで、梅林が白く浮き出て見えたのに代わって、今はこぶしの木が、少しくたびれた常緑樹や、まさに新芽が展開を始めようとしている落葉樹の林の中に白い花をつけて点在して見える。

亭亭白 悠悠碧空 微微南来
木蘭花(こぶし)
開山崗上 北国之春天 

啊北国之春天已来
城里(都会〉不知季
節変換
妈妈(母〉猶在寄来包裹 送来寒衣御
啊故 我的故 何能回你 

これは今中国で人気の歌で、カラオケの定番という。春未だ浅い他郷で故郷を懐かしむ歌だ。臨海部に限られていた建設の息吹が全国に及び、地方から出稼ぎに都市に来る人、出張で他省に出かける人等々、中国で今故郷を離れ他郷で生活している人は一億人に上るという。厳しい寒さが緩みかけた時、ふと故郷を、懐かしい人を思い出す気持ちは誰でも共通のものなのだろう。 

この“北国之春”は実は日本の“北国の春”が中国語に訳されたものだ。したがって厳密に言えば木蘭花はこぶしではなく近縁のもくれんである。しかし春の到来を告げてくれる花として特別な愛着を持たれているのは日本と同じであろう。

   コブシのプロフィール

コブシはモクレン科の落葉高木で高さ15メートル以上になる。名前は果実が握りKobushi_2 こぶしに似ているためという。日本中の山野で見られるが、どちらかというと湿った平坦地を好むという。これによく似たタムシバは急斜面や尾根筋を好むというが、花は両者とても似ているため余り区別されていない。

 地方によっては、“田打ち桜”と呼ばれ、春の農作業の開始の目安にされたという。北国では春を告げる花として開花が待ち望まれたのである。

 モクレンは中国原産で古くから日本にも渡り、神社や庭園で大事にされている。

モクレン科には他に、東海地方固有のシデコブシや、芳香の有る大きな花をつけるホオノキ(朴の木)、タイサンボク、神社によく植えられているオガタマノキ、最近街路樹としてよく見かけるユリノキなどがある。

都知事選が近づいている。“よそ者”にも暖かい政治を行ってくれる知事さんになって欲しい。

|

« 東京をどうしたいか、私の提案。 | トップページ | スプリング・エフェメラル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こぶしの花:

« 東京をどうしたいか、私の提案。 | トップページ | スプリング・エフェメラル »