« こぶしの花 | トップページ | サクラと日本人 »

2007/03/26

スプリング・エフェメラル

日本語訳は“春の妖精”。これは少女マンガの題名ではなく、れっきとした植物学用語である。落葉樹林の林床で早春に早々と葉を出し、花を開き、木々の新芽が展開し新緑が林冠を覆いつくす頃、種子を実らせ根に養分を蓄え、葉を枯らし、来春までの深い眠りに付く。

カタクリ、イチリンソウ(一輪草)、イチゲ類、エンゴサク類、・・・・今年もまたこの花々の季節がやってきた。未だ寒さの残るこの季節、数少ない虫をひきつけるためというが、それぞれが実に美しい。冬枯れの木々、落ち葉が積もった林床に鮮やかなピンクのカタクリや、エンゴサクの目の覚めるような青を見つけたときは、本当に心ときめく。

春の妖精の代表格、カタクリの歴史は興味深い。氷河期が終わりを告げると共に、関東平野以西ではブナ、ミズナラなどの落葉樹は涼しさの残る山間部に後退し、その跡を暖帯系の照葉樹が埋めてきた。関東平野でも当然同様の流れが進行したため落葉樹林と共にカタクリが消えていくのは時間の問題だった。

しかし、縄文人が焼畑を始めた時期と重なった。焼畑の後は一般的に落葉樹林になるため、カタクリは早春の光を利用し続けられた。氷河期の忘れ物といわれるゆえんである。稲作の渡来普及期にも、“雑木林”は薪炭林、里山等々として大事に守られ続けた。

このように歴史の偶然により残ってきた関東以西のカタクリの群生も近年急速に失われつつある。雑木林が使われなくなりアズマネザサなどが繁茂し、林床に光が届かなくなったためという。

カタクリが実生から花を咲かすまで7年かかるという。自然破壊は一瞬にしてできるが、一度失われた自然を取り戻すのには多くの時間がかかる。自然と人間の歴史の奇跡の贈り物“春の妖精”を大切に守りたい。

妖精といえば、世界フィギュアの日本選手の活躍には目を見張った。正に氷上の妖精とも言える華麗な演技を、ここ数日テレビ画面を通じ息を呑んで見つめ続けた。

演技終了後、全力を出し切った選手達の汗と涙、そして満足のいく結果に輝く笑顔は素晴らしかった。

能登半島で強い地震発生。

被災地の早急な復興を望みます。改めて日本が地震列島だということを想起させられました。いつどこで起きるか分からない以上、いつ起きても対処できる体勢を整えておく事が大事だと思います。

|

« こぶしの花 | トップページ | サクラと日本人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スプリング・エフェメラル:

« こぶしの花 | トップページ | サクラと日本人 »