« サクラと日本人 | トップページ | 江南の春 »

2007/04/09

浅野さん、ご苦労さまでした!

石原都知事継続か三戦阻止か。きわめて有利といわれた現職に誰が挑戦するのか。ココで何人かの有力な候補が出現し、調整して一本化できる情勢でなかった事に、反石原陣営の敗北のそもそもの原因があったと思います。浅野さんがこの困難な状況の中で敢えて出馬に踏み切ってくれた勇気に感謝します。又選挙活動を通じて、石原後に強力な基盤を作ってくれたと思います。ただ今回の勝手連運動は、もっと広い無党派層の参加ができる形を考える必要があると思いました。

ところで何故石原さんじゃダメなの?息子に聞かれ面食らいました。当然過ぎる自明の理だと思っていたので、一瞬詰まりましたが改めて考えてみました。

身内優遇・・・・・公職にある人間としてモラル違反。

差別発言・・・・・倫理観に問題がある。

週休四日・・・・・体力が続かないなら辞職すべき。

五輪誘致・・・・・実現性がきわめて少ない。等々。

 これらは、個人的好悪にはきわめて重要な意味を持ちますが、政治的選択としては決定的なものではないかもしれません。

日本の首都東京。政治・経済・文化の中枢にして国富がいながらにして流れ込む。その富をいかに都民の間で分配するか。結局、一番の争点はそこにあったのだと思います。

 公共事業を盛んにし、大企業の利益を増大させ、関係者に利益還元させるか。あるいは低所得者、中間層の生活を守る事により民需を盛り上げ経済的に豊かにするか。そのどちらに重点を置くのか・・・・。

ところが実際の選挙戦を見ている限り、この辺の争点は後半少し浮かび上がってきただけだったように見えました。

また今回特に感じたのですが、選挙期間に入るや、マスコミ、インターネット等々皆、猿轡でもはめられたような、言いたいこともいえない窒息感に覆われた感じがしました。選挙期間に自由に意見が発表できなくて一体いつ言えるのでしょう。候補者の意見を聞きたくても、演説会場に足を運ぶか、早朝や深夜の政見放送を聞くしかないし、マニフェストも一般の人が手にする機会は極めて少なかったと思います。

何しろ、一番必要な時に、情報が極めて手に入りにくくなってしまうのです。これでは在任期間中が、ある意味選挙活動期間とも見なしえる現職がきわめて有利になるのは当然と思います。事実、今回9都道県で現職が全勝しました。ただでさえ権力を握っている者が有利なのですから、挑戦者が挑戦しやすい制度を保障しなければ、政治は容易に停滞し、腐敗するのではないでしょうか。

|

« サクラと日本人 | トップページ | 江南の春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅野さん、ご苦労さまでした!:

» 反石原選挙の教訓と今後 [ブログ「旗旗」]
さて、選挙も終わりましたので、今まで控えていたことも含め、かつ何度もグチグチとくり返すことなく、一回ですっぱりと書いてしまいたいと思います。もちろん、ご批判は甘んじて受けますが、このエントリー以外の場所で反論の応酬をするつもりはありません。「君はそう�... [続きを読む]

受信: 2007/04/09 14:08

« サクラと日本人 | トップページ | 江南の春 »