« 中高年の星 | トップページ | 党首討論 »

2007/06/25

中高年の星  続

恒産無くして恒心無し” これは普通の人々にとっては真理であろう。

“武士は食わねど高楊枝”などというのもあるが、これはいかにもやせ我慢している感じである。

恒産とは果たしていくらぐらいあれば十分なのだろうか。これは個人差もあるだろうが、人一人生きていく費用は、基本的にはそんなに違いはないと思う。要するに、毎日それなりに無駄遣いしなければ、明日の生活を思い煩わなく過せればいいのだと思う。

大卒で就職。60歳で定年。子供達は独立し、家のローンも完済。そして月々20数万円の年金。高卒の場合も月給は少し低めだが、3年間長く働いているので年金はほぼ同額であるという。それにいささかの預金でもあれば余生何をわずらう事あろう。これが少し前までのごく一般的なサラリーマンの定年後の姿だったと思う。

日本は高福祉国で医療制度も充実しているし、定年後の人生は趣味に、社会貢献に、やり残した人生の理想の実現に・・・・と有り余る時間を使える人が増え、中高年の星が輩出し銀河のごとき趣を呈するのかもしれない。

数年前まで、私はそう考え高齢化社会もまんざらではないんじゃないかとひそかに思っていた。しかしこれは甘かったようである。ココに来て私達は制度疲労をきたしていた年金制度、国民の生活を守るために選び国会に送り込んでいると思っていた議員が実は監督責任をなんら行使していなかったこと、しかも問題が発覚するや自己保身に汲々としている醜態・・・を毎日のようにマスコミを通じて見せ付けられ唖然としているというのが正直なところだと思う。

社会保険庁の仕事のずさんさ。これは戦前戦後を通じて国民の間に何となくあった“お役所”信仰、すなわち旧帝大卒を中心とした優秀なひと達により構成された、信頼できる国家機構という足場を掬った。

宙に浮いた5000万件の年金記録。何回も聞いているうちに麻痺してしまいそうだが、その一つ一つが個人にとっては、今後の人生に大きな影響を持つ決して小さくはない事柄なのだ。それを理解していれば、決して誤りや、怠慢を見過す事は許さなかったはずだ。何重にもわたる事後チェック、本人への確認が徹底されていれば今回のような事は十分防げたはずだ。

又問題発覚までの経緯も情けない。内部や周辺では、かなり早くから問題の存在が分かっていたのにもかかわらず、なんら是正の手が打たれず、隠し通す事に汲々とし、一度国民の前に発覚するや、お門違いの方面に責任転嫁して当面の矛先をかわそうとする。

挙句の果ては、社保庁の役人の首を切るから、与党に改革を任せてくださいときたものだ。逆であろう!現場の人間を今の時点で切ったら、宙に浮いた記録は永久に闇に飲み込まれる危険が大きい。問題は監督責任を全うしていなかった与党にあるのだから、それこそ総辞職をして、国民に安心して年金行政等々を任せられる人間をじっくり選びなおす機会を提供するのが責任を全うする道だと思う。

それと平行して、社保庁は時間をかけて国民が納得できるまで不明点をなくしていく事が求められていると思う。当然それにかかる時間、費用は社保庁の職員の自己負担が原則であろう。

いわゆるサービス残業、賃金カット等自分達のしたことは、自分達で責任を取って欲しい。社保庁の改革だ、解体だはその後でゆっくり考えればいいことだと思う。

|

« 中高年の星 | トップページ | 党首討論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中高年の星  続:

« 中高年の星 | トップページ | 党首討論 »