« 阿久悠さん、ありがとう | トップページ | 長井さんの非業の死を悲しみます »

2007/09/24

イネ(稲)の仲間達

 まだ季節外れの真夏日などが現れうんざりするものの、自然の暦は確実に秋に向かっている。朝夕の涼しさが、身体に活力を呼びさましてくれる。 暑くなる前にと、早朝里山の散歩に行くようにしている。朝露が朝日にきらきらと輝き、空気もひんやりとしてすがすがしい。

 この季節、華やかな彩の花は少ないが、一度イネ科の植物に興味を覚えだすと世界が一変する。正に百花繚乱、一面の花園が見渡す限り続いている夢のような世界に迷い込んだ気持ちになれる。

 古来ススキの穂が群生した美しさを読んだ詩は多い。以前箱根の仙石原で見た、一面銀色のススキの穂が吹き渡る風で波立つさまは実に美しかった。

Kinenokoro  しかしこの群生の美は何もススキに限らない。豊かに実った稲穂が風にそよぐのを見て、なんとはない満ち足りた気持ちになるのは、豊作の喜びが民族のDNAに刻まれているせいもあろうが、キンエノコロが朝日に輝いているのを、逆光で見た美しさも、何度見ても飽きない。

 今年は猛暑や日照り続きで初秋の植物の成長が足踏みしていた影響もあるのだろうか、ここに来て秋のイネ科植物が一斉に花開き、実を付け出している。試しに22,23 両日の朝の散歩中目に付いた、花や実をつけているイネ科植物を採集して見た。

 皆さんにも紹介したくてスキャナー使ってみたのですが、 数字の配列の不統一、映像の不鮮明等々、余りうまくいきませんでした。初めてのことは、誰でも失敗するものと大目に見てください。一応参考までに、以下にまとめておきます。

01   02 03_3 04_3 05_3 06

                                                                                       

 

 1 セイバンモロコシ   2 チヂミザサ    3 アシ            4 ニワホコリ         ・・・・・

 5 ススキ      6 アキノエノコログサ  7 キンエノコロ      8 エノコログサ         ・・・・・②

 9 カゼクサ    10 トダシバ          11 ネズミノオ          12 チカラシバ       ・・・・・③

13 オヒシバ    14 ケイヌビエ      15 イヌビエ           16 メヒシバ          ・・・・・ ④

17 オギ      18 タイヌビエ       19 イネ            20 サヤヌカグサ        ・・・・・⑤

21 コブナグサ   22 オオクサキビ      23 ノガリヤス        24 ウシクサ             ・・・・・⑥

なお丈が高いもの低いもの湿地を好むもの林縁を好むものは字に変化をつけました。

訂正  22 ハマガヤ → オオクサキビ         (2007.10.25)

|

« 阿久悠さん、ありがとう | トップページ | 長井さんの非業の死を悲しみます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イネ(稲)の仲間達:

« 阿久悠さん、ありがとう | トップページ | 長井さんの非業の死を悲しみます »