« 台風一過 | トップページ | イネ(稲)の仲間達 »

2007/09/17

阿久悠さん、ありがとう

阿久悠氏が亡くなられて一月以上たった。ニュースで耳にしたときは、ああ・・・また時代の寵児が一人世を去ったな・・・という感慨と少々の寂寥感を感じたが、じきに日々のニュースの洪水に押し流され忘れてしまった。

先週テレビで“巨星・阿久悠の世界”という追悼番組があり、たまたまチャンネルを合わせた。氏の代表的な歌をエピソードを交えながら次々と紹介していた。

 上野発の夜行列車降りたときから・・・・♪

 青春時代が夢なんて 後からほのぼの想うもの・・・・

 また逢う日まで 逢えるときまで・・・・

 街は今 眠りの中 あの鐘を鳴らすのはあなた・・・・

あの時代、テレビから毎日のように流れ、いつの間にか口ずさんでいた歌の数々、気に入っていた歌、そうでもなかったけれどいつの間にか覚えていた歌、・・・・いずれも出だしを聞いただけで当時の時代が蘇ってくるような懐かしさに包まれる。

 銀河を離れイスカンダルへ 運命背負い 今飛び立つ・・・・♪

 ウルトラの父がいる、ウルトラの母がいる・・・・

え!これもソウなの、これもなの・・・・・。

時間の経過と共に私は、氏の書き残した世界の広さと多様性にしだいに圧倒されていった。生涯を通じて作品は5000曲を超えるという。

氏は作詞家であった。言うまでもなく歌は詞と曲と歌手による総合芸術である。いい曲がなければいい歌は成立しないが、いい言葉を得て始めて歌は心に響いてくる。しかし一般には歌手により歌われて初めて私達の耳に届いてくる。私もごく一般の愛好者の一人なので、誰が作ったかは余り関心がなかった。

氏は1937年、瀬戸内海の淡路島に生まれ、8歳で終戦を迎える。少年の頃から、東京に、“東京弁”(標準語)にあこがれていたという。大学進学で上京し、以来戦後日本の青春期の息吹を言葉を通して鋭敏に感じ取り、次々に作品に反映して行ったのだろう。氏の歌詞の言葉の新鮮な輝き、生き生きとした映像性、心にじわっと来る共感力・・・一つ一つの歌が、当時の日本の精神的断片を見事なまでに掬い取っている。

それはまた、標準語を全国津々浦々に浸透させていったテレビの普及と歩を一にしていた。

私達が氏の歌を聞いて懐かしく心が揺さぶられるのは、氏の歌が映し出したあの頃を心の中に再現されるからなのかもしれない。

時代が阿久悠を通じて歌を生み、その歌が時代に永遠の命を吹き込んだ幸福な出会いだったのかもしれない。

番組の中に出てきた写真を見ながら、一見ごつい感じだが、誠実な暖かさがにじみ出ている阿久悠さんの生前の笑顔が思い出され懐かしかった。

 

|

« 台風一過 | トップページ | イネ(稲)の仲間達 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿久悠さん、ありがとう:

« 台風一過 | トップページ | イネ(稲)の仲間達 »