« イネ(稲)の仲間達 | トップページ | イネの仲間達  続 »

2007/10/01

長井さんの非業の死を悲しみます

 9月27日、ミャンマーにおいて市民の抗議デモを撮影中の報道カメラマン長井氏がなくなりました。これが戦場であったなら、ある意味避けられない犠牲なのかもしれませんし、本人も充分覚悟していたと思います。

しかし今回のように、市民による平和的抗議デモの最中に、政府の治安部隊によって狙撃されるということは、長井さん本人も予期していなかったのではないでしょうか。

 当日のデモ鎮圧行動により、多くの市民が銃撃され亡くなったと聞きます。国民の不満を国政の改善で答えるのではなく、暴力で抑えようとしたミャンマー軍事政権・・・・。文民統制なき、むき出しの軍事力により統治されている国家の怖さを感じます。

   過而不改 是謂過矣  

     過ちて改めざる、是を過ちと謂う。(論語)

 ミャンマー政府の猛省と今後の民主化努力を、日本を含めて国際的に後押しする事が、亡くなった方々の無念を晴らす道だと思います。



|

« イネ(稲)の仲間達 | トップページ | イネの仲間達  続 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長井さんの非業の死を悲しみます:

« イネ(稲)の仲間達 | トップページ | イネの仲間達  続 »