« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/26

再会

 ここの所ついてない。登山で左膝を痛めたがどうやら日常生活には問題なくなったと思ったら、またの故障である。

  数日来の冷え込みで冬物が間に合わず、重ね着してしのいでいたが、先週23日に本格的に冬物を出す事にした。押入れからセーターの入ったビニール袋を出し、シャツやマフラーの詰まった、洋服箱を出しと、ただでさえ狭い部屋が文字どおり足の踏み場もなくなった。そこでうかつにも、セーターの入っているビニール袋の上に片足を置きもう一方の足を上げたとたん見事滑って、よりもよって洋服箱の角にしりもちを付いてしまった。余りの痛さにしばらく声も出ずにその場にうずくまっていた。


 それでも主婦の悲しさ、夕食の準備に買物に行ったが刻々と痛みは募り、もう歩くことも椅子に座ることもできず、ベッドで痛い痛いとうめいていた。夜半帰宅した息子とお茶でも飲もうとフラフラ立ち上がって居間に顔を出した。そんな私を一目見るなり息子が言った言葉。


“ゾンビみたい!”・・・母親に対してそれはないだろう。確かに髪振り乱し、激痛に顔をしかめていた私の顔はこの世のものと思われなかったかもしれない。しばらくして

“年なんだから注意してよ。打ち所悪かったらあの世に行ってたかも知れないよ!”・・・御もっともです。

 そんなわけでもっと感動的文章で始めたかった報告がなんともトホホな前書きになってしまった。

 “あれから39年経っていた。11月22日、かっての日大全共闘の闘士と東大全共闘のシンパ女子学生が大都会の片隅の喫茶店でひっそりと落ち合った・・・・。”

 こう書き始めると一編の小説の冒頭にもなりそうなワクワク感も出て来るのだが、事実はいかにも散文的に進んだ。そもそもの事の始まりは、数年前にさかのぼる。私が慣れないブログに挑戦し、自叙伝的なものを投稿していた時、大学闘争のくだりで、暖かいコメントをいただいた。当時インターネットのジャングルを案内人もなく、恐る恐る手探りで進んでいる心境だったのでとても心強く嬉しかった。その後も何回かコメントをいただき力づけられた。1968年全共闘だった時代の管理人Yさんである。


 先々週、友人の見舞いで上京する折に会いたいとのメールを頂いた。もちろんOKである。最近NHKのハイビジョンで全共闘が取り上げられた際に、日大全共闘のメンバーの一人として登場されていたのでどんな方か、大体予想していたが初対面であった。しかし1968年の11.22の集会の時それぞれの全共闘のメンバーとして参加していたので、ある意味再会といってもいいだろう。

 一見したところ小柄で、穏やかな雰囲気のYさんの何処から、当時のあの猛々しいとまで思えた日大全共闘のエネルギーが出てきたのだろうと戸惑うほどだった。昼食でも一緒にと思ったが、年末には間があるというのに街は喧騒に包まれ、ゆっくり話もできないので、Yさんの先輩がやっているという喫茶店を訪れた。

 話していて気が付いたのだが、Yさんの表情に時々少年のような面差しが浮かぶ時がある。きっと純粋な方なのだろう。時候の話や、それぞれの全共闘の誰彼の噂話や、自分達の息子の愚痴とも自慢話とも付かない話で盛り上がっているうちに、Yさんの飛行機の時間が迫ってきたのでお開きになった。

 最寄り駅までの道々、さっきの先輩の身の上話を聞いた。獣医を目指していたが闘争の過程で多くの仲間と一緒に日大を除籍され、追い討ちをかけるように親から勘当されたという。将来の夢と人生の理念と家族を一遍に失い、地方をさ迷ったらしい。今は都会の片隅でささやかな店を開いて新しい家族もできたが、実家の敷居は未だに跨いでいないという。

 一人の庶民、一つの家族の上に未だに生々しい傷跡を残している、日大闘争とは何だったのだろうか。ワンマン経営者による、学校経費の巨額の使い込み疑惑。一度は非を認めたのに政治的圧力で居直り、結果として不正を働いたものが権力に居座り、正義を求めたものが社会的制裁を受けた形になってしまった。

 一度権力を握ったものが、それを手放さないために若者を犠牲にする。この国で何度見せ付けられてきた構図だろう。少子化を嘆く前にもっと若者を大事にする政治風土を作り上げるのが先決のような気がするのだが・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/19

ヤマトナデシコ健在!

 私のテレビ視聴時間は余り長くない。通常は夕食後1~2時間である。しかし昨日は、かなりの時間テレビの前から離れられなかった。

 まずは、東京国際女子マラソン。野口みずき選手を含む3人の首位争いが中盤まで激しく続いた。左足首故障でフルマラソンは2年余遠ざかっていたという野口選手は大丈夫なのだろうか。

 しかし後半になるほど力強さを見せてきた走りは、最後の上り坂で爆発した。ぐんぐんタイムが伸び独走態勢でゴールを駆け抜けた。輝く笑顔、しかも息遣いは余り乱れていない。余裕の勝利であった。北京での活躍に期待が膨らむ。

 次は、ゴールデンタイム台、フィギユアスケートのフリーの演技があった。浅田真央のフランス杯優勝がかかっている。

 突如妖精のように私達の前に姿を見せ、未だあどけなさの残る、伸びやかなスベリですっかり魅了されてから数年。技術的にも精神的にも一回りも二回りも大きくなっていた。トリプルアクセル(三回転半ジャンプ)に挑戦し転倒するも、直ぐ持ち直し最後まで高水準の演技を完遂した実力は素人目からもたいしたものだと思った。今後とも成長を続け、世界の真央であってほしい。

 それに続いては吉永小百合のドキュメント番組だった。我らが世代のお姉さん的存在であった、小百合さんの久しぶりの近況が見られるとのこと、見逃すわけにはいかなかった。

 まずは相変わらずの美しさと“優等生”振りに安心。そう、吉永さんは我らが時代の一寸古風な価値観を、社会がどんなに変貌しようと変わることなく持ち続けてくれている。そこに戻るとほっと安心できる雰囲気を守っていてくれている。

 映画の中でというより人生の中で、誠実に、不器用なまでに“優等生”を演じてくれている。

 そのおかげで、私達後輩は、かなり自由に人生の冒険にチャレンジできたし、生活空間の広さを享受できたような気もする。

 こうしてみてくると時代が変われど、日本女性の芯のあるガンバリズムは健在のようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/12

昭和記念公園

先日、立川駅から歩いて十数分という昭和記念公園に行ってきた。24年前(1983)に開園以来何回も行った事があるのだが、今回は再発見の道行きであった。

以前は、まだ小さかった息子連れだったので、来るのは自ずと休日に限定された。人ごみの中、息子の興味でだだっ広い構内を引っ張り回され、疲労感ばかり残ってしまった。そのためか子供から解放された後も、余り足が向かなかった。

今回久しぶりに行ったのは、止むを得ない事情があった。この夏、白馬連峰の唐松岳、五竜岳の登頂を試み左のひざを痛めてしまい、今だに大きな段差が苦手で、我が家の二階の上り下りも難渋している。そのためせっかくの紅葉シーズンというのに山岳方面の観光はあきらめざるを得ず、平坦の道が大半の昭和記念公園となったわけである。

この公園の設計はドイツの森がモデルになったと聞いた事がある。ドイツの国土は大半が平地であるが、各地に大規模な森が保存されていて国民の憩いの場になっているという。

 広大で平坦な基地返還地には、いかにもふさわしいお手本だったのだろう。しかし建設途中では、在来種の関東タンポポの移植保護を行うなど、日本の植生への細やかな配慮もなされたという。

Ityou_2 平日のおだやかな小春日和の中、イチョウ、ヒマラヤスギ、ケヤキ、ヤマザクラなどの大木と様々な花木が植栽された林間を歩きながら、こんな都市公園もいいものだとしみじみ思った。

足に問題ない時は少し郊外に行けば、自然の山野に恵まれている日本に都市公園の必要性はあまり感じなかった。人工的な植栽に反感さえ感じていた。しかし、足が痛いという障害(短期的だと願っているが)を持ったとたん、考えが180度転換した。交通便利な地に、歩きやすい道を張り巡らした、自然の雰囲気に浸れる空間を持った公園・・・。

高齢化社会を迎える日本にとって、これからはもっと必要とされるのだろう。

 今の見所 Kosumosu_2

 立川口を入って直ぐ  イチョウ並木の緑から黄のグラデーション(変化)が美しい 

 ふれあい広場     キバナコスモスが見ごろ

 日本庭園        モミジの紅葉が一幅の日本画のよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/05

今浦島

昨夜遅く、我が家にもどってきた。五日ぶりである。テレビをつけると、真っ先に小沢氏辞任か、というニュースが目に飛び込んできた。自民との連立模索を、民主党執行部に拒否されたからだという。そういえば先週あたりから、福田氏との会談受け入れとか、以前の小沢氏の原則堅持の姿勢からみると何か違和感があったが、こうした展開は予想していなかったので、一瞬絶句した。

小沢氏が、政治家として追求してきた二大政党制、すなわち選挙による政権交代可能な国へ育てていくという理念はどうなってしまったのだろうか。

参議院選挙によっていかに与野党の緊張関係が、政治的浄化に威力を発揮するか、政策論争の質の向上をもたらすかをまざまざと実感していたばかりである。次に衆議院選挙で政権交替を実現し、永年の弛緩しきった、政官財癒着の悪弊を見直せると国民の期待が高まっているこの時に、何故?前後関係が分からないだけに、今浦島の気分である。

浦島といえば、亀に連れられて竜宮城に行った漁師の話だが、多分当時豊かな中国に漂着し温かいもてなしを受けた実話が下地にあるのだろう。

私は漁師ではないが、この春の中国江南の旅行で受けた建国の“気”とでもいう雰囲気に又触れたくて、今度は江南の秋に再訪してみた。外国旅行とはいえ、ツアーを利用すると国内旅行と大差ない料金と気楽さで、5000年の歴史と、16億の民の建国の意気に触れられる。

春には、西湖畔の柳の新緑や農村の菜の花の鮮やかな黄色の広がりなど自然の情景に引かれた。今回は、日本では大抵稲刈りも終わっているこの時期、黄金色の稲が未だ水田にそよぎ、紅葉にはまだ早い(そもそも南方なので紅葉があるかどうか分からないのだが)という中途半端な時期だった。そのせいもあってか、私の関心は“国造り”の情景に集中した。特に上海の発展には息を呑んだ。

高速道で上海郊外に近づくにつれ、近郷農民のマンションが続く。農民はここから、自転車や車で農地に行くという。それに続く都市住民の高層マンション群。延々と見渡す限り何処までも続く。2000万余の人口の住宅問題の解決のために、懸命な努力が続けられているのだろう。市内に入ると超高層ビルの林立である。低層の新規着工は許可されないという。上海中心部、黄浦江に近づくと巨大クレーンが林立している一角がある。2010年の上海万博の会場作りという。西岸の外灘(旧租界地区)から見た対岸浦東地区の夜景の素晴らしさは圧巻だった。近未来都市を彷彿とさせる。

Rinia とどめは浦東空港への移動に使ったリニアモータカーだった。滑らかな滑り出し。ぐんぐん上がるスピード。文字どうり外の風景が飛ぶように変化していく。スピード計が時速431kmをさしてしばらくするうちに見る見る速度が落ち、上海浦東空港に着いていた。一瞬の出来事のような気がした。2010年の万博に合わせて杭州まで延長されるという。将来的には北京まで延長され、上海北京が2時間余で結ばれる計画もあるという。隋代に杭州と北京を結ぶ大運河を作った国である。構想が大きい。

日本に帰って一夜明けた。目が覚めると9時半を回っていた。久しぶりに庭を眺めると、野菊がそこかしこに咲き競っている。秋もだいぶ深まってきたようだ。Nogiku_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »