« ヤマトナデシコ健在! | トップページ | どんぐり »

2007/11/26

再会

 ここの所ついてない。登山で左膝を痛めたがどうやら日常生活には問題なくなったと思ったら、またの故障である。

  数日来の冷え込みで冬物が間に合わず、重ね着してしのいでいたが、先週23日に本格的に冬物を出す事にした。押入れからセーターの入ったビニール袋を出し、シャツやマフラーの詰まった、洋服箱を出しと、ただでさえ狭い部屋が文字どおり足の踏み場もなくなった。そこでうかつにも、セーターの入っているビニール袋の上に片足を置きもう一方の足を上げたとたん見事滑って、よりもよって洋服箱の角にしりもちを付いてしまった。余りの痛さにしばらく声も出ずにその場にうずくまっていた。


 それでも主婦の悲しさ、夕食の準備に買物に行ったが刻々と痛みは募り、もう歩くことも椅子に座ることもできず、ベッドで痛い痛いとうめいていた。夜半帰宅した息子とお茶でも飲もうとフラフラ立ち上がって居間に顔を出した。そんな私を一目見るなり息子が言った言葉。


“ゾンビみたい!”・・・母親に対してそれはないだろう。確かに髪振り乱し、激痛に顔をしかめていた私の顔はこの世のものと思われなかったかもしれない。しばらくして

“年なんだから注意してよ。打ち所悪かったらあの世に行ってたかも知れないよ!”・・・御もっともです。

 そんなわけでもっと感動的文章で始めたかった報告がなんともトホホな前書きになってしまった。

 “あれから39年経っていた。11月22日、かっての日大全共闘の闘士と東大全共闘のシンパ女子学生が大都会の片隅の喫茶店でひっそりと落ち合った・・・・。”

 こう書き始めると一編の小説の冒頭にもなりそうなワクワク感も出て来るのだが、事実はいかにも散文的に進んだ。そもそもの事の始まりは、数年前にさかのぼる。私が慣れないブログに挑戦し、自叙伝的なものを投稿していた時、大学闘争のくだりで、暖かいコメントをいただいた。当時インターネットのジャングルを案内人もなく、恐る恐る手探りで進んでいる心境だったのでとても心強く嬉しかった。その後も何回かコメントをいただき力づけられた。1968年全共闘だった時代の管理人Yさんである。


 先々週、友人の見舞いで上京する折に会いたいとのメールを頂いた。もちろんOKである。最近NHKのハイビジョンで全共闘が取り上げられた際に、日大全共闘のメンバーの一人として登場されていたのでどんな方か、大体予想していたが初対面であった。しかし1968年の11.22の集会の時それぞれの全共闘のメンバーとして参加していたので、ある意味再会といってもいいだろう。

 一見したところ小柄で、穏やかな雰囲気のYさんの何処から、当時のあの猛々しいとまで思えた日大全共闘のエネルギーが出てきたのだろうと戸惑うほどだった。昼食でも一緒にと思ったが、年末には間があるというのに街は喧騒に包まれ、ゆっくり話もできないので、Yさんの先輩がやっているという喫茶店を訪れた。

 話していて気が付いたのだが、Yさんの表情に時々少年のような面差しが浮かぶ時がある。きっと純粋な方なのだろう。時候の話や、それぞれの全共闘の誰彼の噂話や、自分達の息子の愚痴とも自慢話とも付かない話で盛り上がっているうちに、Yさんの飛行機の時間が迫ってきたのでお開きになった。

 最寄り駅までの道々、さっきの先輩の身の上話を聞いた。獣医を目指していたが闘争の過程で多くの仲間と一緒に日大を除籍され、追い討ちをかけるように親から勘当されたという。将来の夢と人生の理念と家族を一遍に失い、地方をさ迷ったらしい。今は都会の片隅でささやかな店を開いて新しい家族もできたが、実家の敷居は未だに跨いでいないという。

 一人の庶民、一つの家族の上に未だに生々しい傷跡を残している、日大闘争とは何だったのだろうか。ワンマン経営者による、学校経費の巨額の使い込み疑惑。一度は非を認めたのに政治的圧力で居直り、結果として不正を働いたものが権力に居座り、正義を求めたものが社会的制裁を受けた形になってしまった。

 一度権力を握ったものが、それを手放さないために若者を犠牲にする。この国で何度見せ付けられてきた構図だろう。少子化を嘆く前にもっと若者を大事にする政治風土を作り上げるのが先決のような気がするのだが・・・・。

|

« ヤマトナデシコ健在! | トップページ | どんぐり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再会:

« ヤマトナデシコ健在! | トップページ | どんぐり »