« 冬芽 | トップページ | ワトソン君、これは事件だね! »

2008/01/28

勝敗は時の運!?

実力伯仲の好敵手が死闘を繰り広げ勝負がついた時、私達は爽やかな感動と共に勝者に惜しみない拍手を送ると共に敗者にも健闘の拍手を送りたくなる。どちらが勝ってもおかしくなかった。かって甲子園での野球や、サッカー試合のPK戦などで何度も経験したことがある。

昨日は前評判上々の三試合が行われたが、それぞれに色々と考えさせられる結果だった。

まずは昼の大阪国際女子マラソン。福士の快調な走りで決まりかと思われた。折り返し点でも他の選手をはるかに引き離し時々笑顔も見せる余裕。結果まで見ることなく私は所用で外出した。帰宅後ニュースで知った結果は予想外の展開だった。30キロを過ぎてから調子が崩れ、以後見るに耐えない惨状でゴールに辿り着く姿は痛々しかった。

有森さんの、素質はあるのにマラソンを走る準備ができていなかったというコメントは手厳しいものだった。どうやら30キロ以上を走るのが、この大会で初めてという。練習では当然走りこんでいたのだと思っていた私はあ然とした。そりや無茶だよ!プールでしか泳いでなかった人が、急に大河に飛び込んだらどうなるんだよ・・・・。

本人も軽率だったと思うし、回りの関係者ももっと慎重に考えてあげるべきだったのではないか。幸い命を落としたわけではないので、今後の活躍に期待したい。

夕方は白鵬と朝青龍の優勝をかけた大一番。これも生放送で見れなかったが、ニュース映像の断片からも両者の気力のぶつかり合いはひしひしと伝わってきた。最後は白鵬の豪快な上手投げが決まった。両者の顔が実にすがすがしかった。格闘技の醍醐味である。

私自身は、朝青龍に対するバッシングに以前からかなり違和感を感じていたので、二場所休場のハンデを乗り越えた今場所の活躍は立派だったと思っている。世の中いろいろなタイプの人間がいていいと思うし、いたほうがいいと思う。格闘技家は激しい言葉で、自己暗示を掛けファイトを奮い立たせる必要もあるのだろう。ハンカチ王子やはにかみ王子の謙虚さ柔和さを求める必要はないのではないか。

とどめは大阪知事選だった。それこそ政財界、マスコミ、過去のしがらみの渦巻く中で、いささか古めかしい価値観(東大卒、大学教授、もの作りのプロとしての永年の経験)対新しい価値観(早稲田卒、弁護士、若さと変革)の対立という軸を中心に、与野党対決が絡まったなんとも分かりにくい選挙戦ではあった。

当確後のテレビで見た橋下氏は確かに若々しく爽やかな感じがした。期待してみたいと思う。

ただ大阪府の実情はかなり厳しいようである。選んだほうも、今後の知事の行動を見守り必要な時は応援し、有権者の期待を裏切りそうになったら忠告していく必要があるだろう。選挙はゴールではなく、出発点であるということを忘れないでもらいたい。

|

« 冬芽 | トップページ | ワトソン君、これは事件だね! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝敗は時の運!?:

« 冬芽 | トップページ | ワトソン君、これは事件だね! »