« 八甲田雪中行軍 | トップページ | 春が来た! »

2008/03/10

後生畏るべし!

 ・・・いずくんぞ、来者の今に如かざるを知らんや。

 これは孔子の言葉である。封建制の崩れ行く春秋の世で、若い人たちが活躍できる場が広がりつつある時代の感慨なのだろうか。秩序を重んじる立場の孔子ではあるが、育ちつつある若い力に暖かな視線を投げかけている。

 昨日の名古屋国際女子マラソンでは新しい力の台頭をまざまざと感じた。今までフルマラソンの中継を初めから最後まで見たことはなかった。三時間近くテレビの前に座る事自体めったにない。それなのに昨日は、12時前には昼食を済ませ、これから始まるであろう感動の場面を見逃すまいと待ち構えていた。

 それが8キロ前後でよもやの高橋尚子の失速。信じられなかった。出発から続いた先頭集団の団子状態を嫌って、戦略的後退をしたのかもしれない、そのうち後方から目の覚めるような復活を見せてくれるに違いない・・・・。しかし奇跡は起こらず、他の有力候補の表面的には一進一退の静かなスローペースの戦いが続いた。私もいつの間にか彼女達の走りに注目するようになっていった。30キロ地点で中村友梨香が抜けてきた。私にとっては初めて聞く名前だった。

なんら気後れすることなく、真っ直ぐ前を見て、走る事の楽しさを謳歌しているような素直な走りに好感が持てた。21歳、初のフルマラソン挑戦という。

 テープを切った後の気負う事ない喜びの会見もさわやかだった。 Qちゃんの一フアンとしては、正直余りに不本意な結末だったが、日本の女子マラソンにとっては大きな収穫だったと思う。後生畏るべしである。

 とはいっても日本のスポーツ界の中堅の活躍もまだまだ捨てたものでない。土曜日の夜行われたプロボクシングの世界フライ級タイトルマッチでの内藤大助の防衛戦は見ごたえのある好試合だった。引き分けでかろうじてタイトル防衛という結果だったが、試合後挑戦者と肩を抱き合ってお互いの健闘をたたえている姿がすがすがしかった。

 上村愛子のW杯モーグル総合優勝も特筆されるべきだろう。未だ高校生の愛ちゃんが彗星のように現れた第一印象が強いので、中堅という言葉には少し抵抗もあるが、その後の不振を経て今回日本人初の快挙を成し遂げた彼女はもはや新星というより、日本のモーグル界を支えている中堅といったほうがふさわしいのだろう。

|

« 八甲田雪中行軍 | トップページ | 春が来た! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後生畏るべし!:

« 八甲田雪中行軍 | トップページ | 春が来た! »