« モーニングティーがありません・・・ | トップページ | 南十字星 »

2008/06/26

牧場に牛がいません!

 キャンベラに行った時のこと。

 シドニーから観光バスで4時間余。かなりのスピードで飛ばし途中の休憩が1回きり。その上シートベルト着用で結構疲れた。日本でも最近義務化されたが、当時の私は未だ慣れていないせいもあって結構わずらわしく感じられた。

 そんなこんなで、窓の外の風景に期待したが、晩秋(5月)の平原は、牧草も枯れ果てユーカリがまばらに生えているだけでかなり単調である。そもそも牛も羊も見当たらない!

 オージー牛の故郷、世界一の羊毛の産地。牧場ではのどかに牛や羊が草を食み、サイロが点在し・・・私の頭の中には以前北海道で見た牧場の風景が浮かんでいた。

 ここはオーストラリアであった。日本を夜9時半に出発し、一睡して目覚めた時見た日の出の神々しさ・・・・。それからしばらくして眼下に広がり始めたオーストラリア大陸。まずビックリしたのは川の蛇行である。文字どおりくねくねと大平原の上を曲がりくねり海へ注いでいる。まったく手付かずの大自然という感じがして圧倒された。ただ雨量が余り多くないためか大平原にユーカリの疎林が点々と広がっている感じだった。

 ツアーの時にガイドさんから聞いた様々な話を思い出した。以前は家といえば1エーカー(約1200坪)が標準であった事。田舎に行けば、隣家まで車で数十分というのが普通である事。敷地内にゴルフコースを作る人もいる事・・・・。

 何しろ広いのだ!

 ロシア、カナダ、アメリカ、中国、ブラジルに次ぐ世界6位の広大な面積を持つ。日本の優に20倍である。しかも人口はやっと2000万人を超えたという。国民性がゆったりとおおらかなのもうなずける。

 牧場の話に戻ると、牛や、羊は半自然状態で自由気ままに群れて広大な牧草地に生活しているので、道路から見えるほうが稀なのかもしれない。こうして育ったオージービーフは筋肉質で、脂肪も少なくオーストラリア人に好まれているという。しかし一部の牛は日本人の嗜好に合わせるため、行動に制限を加えてストレスを与え、メタボ気味に育てているという。同病相食むの図であろうか・・・。

|

« モーニングティーがありません・・・ | トップページ | 南十字星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牧場に牛がいません!:

« モーニングティーがありません・・・ | トップページ | 南十字星 »