« ビーナスライン | トップページ | 夏風邪を引きました。 »

2008/07/24

ビーナスライン  続

 今まで行った時はすべてツアーを利用していた。時間、お金が効率よく計画されているので便利である、が物足りなさが残った。今回は個人旅行だったので霧が峰周辺をのんびりと満喫する事ができた。

Asagiri  朝霧の中、カッコウの声が響き渡る車山のふもとの宿を出た。体力温存のため、登りはリフトを使う。涼風に吹かれながら、眼下に次々と現れる花々を見とれているうちに中継地点に着き、山裾を振り返るとニッコウキスゲがかなりの数咲き出していた。頂上まで着くとさすが人が多い。車山乗越、蝶々深山を通って八島ヶ原湿原にいたるコースを歩いた。

 何という広々とした草原だろう。見渡す限り、なだらかな起伏が続き、稜線で青空と白い雲Sougen に接している。遠い記憶が蘇ってきた。そう!あの阿蘇の草千里で感じた感覚に似ている。

 伊吹トラノオ、白山フウロなどの可憐な草に混じり、咲き残りの蓮華ツツジの鮮やかな朱色も目に付く。気がつけば周囲は蓮華ツツジの大群落である。

6月の花の頃、コバイケイ草の白い花が混じり、青い空をバックにそれは美しい光景です”宿の主人の話である。

 阿蘇、秋吉台と並ぶ日本の数少ない大草原。高山のお花畑とは違って、人の手で維持されてきた“里山”的自然だという。かつては牧草に、肥料に、屋根材にと広い需要をまかなうため全国各地に存在していたというが、今では需要もなくなり本来の森林に戻る例が多く、霧が峰も例外ではないという。

Nikkoukisuge  あれあれ、話が違うではないか!それなら、霧が峰の鹿は、霧が峰の草原を森林化から守っていてくれる恩人ではないか。しかし、ニッコウキスゲの花芽と春先の新芽は人間も喜んで食べるほど美味しいのだ。鹿が食べるのは自然の流れである。どうすればいいのだろう。

 ニッコウキスゲが好きで、かつ鹿もかわいいと思う人の知恵のだしどころであろう。

|

« ビーナスライン | トップページ | 夏風邪を引きました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビーナスライン  続:

« ビーナスライン | トップページ | 夏風邪を引きました。 »