« 崖の上のポニョ | トップページ | 初秋の志賀高原 »

2008/08/28

北京オリンピックが終わりました

 世界のトップアスリートの素晴らしい競技に、17日間テレビでどっぷり漬かっていたので、全く無くなってしまうと何か寂しい。思い出の感動的場面特集などを見てもライブで夢中で応援していた時の臨場感は味わえない。いまさらながら、いいオリンピックだったと思う。

新参者に対する、バッシングはいつの時代、何処の地域でも多かれ少なかれ見られるものであるが、北京オリンピックに対しては度外れていた思う。世界的規模の平和の祭典を主催する事は大変なことである。内外様々な問題を抱えている事はどの国においても変わりないが国の規模が大きければそれがいっそう複雑で多岐にわたるであろう。

しかし中国は素晴らしいオリンピックを主催しきる事でそれら好意あるいは悪意から発した様々な批判に立派に答えたと思う。

会期中日本各地でゲリラ豪雨が荒れ狂った。地域的に近い中国の北京で屋外競技がまともに襲われていたらひとたまりもなかっただろう。華やかな競技の陰では多分、アメフラシミサイルと雷神の激烈な闘いが繰り広げられていたのだろう。そのおかげで私達は、感動のソフトボールの金メダルと陸上400メートルリレーの銅メダルを手にする事ができたのかもしれない。

多くの場面が今でも目に浮かぶ。笑い、涙、歓声、拍手・・・・・。日常生活では余り触れることのない感動に浸りきれた。世界の人々が身近に感じられた。平和な世界の実現が夢ではないと思えた。この大会で世界が得たものは決して小さくない。この思いをスポーツを超えて実現したいと思った。


追伸

昨夜アフガニスタンでNGO活動に従事されていた伊藤和也氏の訃報に接しました。当地の民衆の生活向上のため献身的に働いていたのに、武装集団に誘拐、殺害されたということです。氏の善意が通じないほど当地の情勢が緊迫しているという事なのでしょうか。

一日も早くアフガニスタンに、アフガニスタンの人々による、アフガニスタンの人々のための政治が実現される事が、伊藤氏の遺志に報いる事にもなると思いました。

|

« 崖の上のポニョ | トップページ | 初秋の志賀高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北京オリンピックが終わりました:

« 崖の上のポニョ | トップページ | 初秋の志賀高原 »