« 紅葉 | トップページ | アメリカの未来に幸あれ »

2008/10/30

野菊

 野菊のごとき君なりき、昔こんな題名の映画があった。その中でヒロインがたとえられていた、秋になると農村のあぜ道には何処でも見られた楚々とした薄紫の可憐な花。

私も東京に出てきてずいぶん経つが、四十半ばで郊外の今の家に移ってきて、近所の里山でこの花に出会ったときはしみじみとした懐かしさを感じた。心の故郷の花に出会ったような気持ちだった。

Yomena 野菊といってもいろいろな種類がある。関東ヨメナ、ユウガ菊、ノコン菊、白ヨメナ、白山菊・・・、それぞれ微妙に好む場所を棲み分けているようで、余り競合していない。あぜ道は関東ヨメナに覆われている。心持大きめで、露を含んだような薄紫が心にしっとりとしみこんでくるようで、私は好きだ。

山の少し乾燥気味の斜面には竜脳ギクが目立つ。小ぶりの栽培菊といった風情だが、秋の何処となくくたびれた緑の中で、白い花びらと、黄色の花粉が鮮やかに引き立つ。

野菊という範疇に入らないかもしれないが、この季節ヤクシソウも美しい。キク科の中でもタYakushisou ンポポに近い種類で、茎を折ると白い汁が出てくる。花は鮮やかな黄色で何処に咲いていても目に付く。小さな花が群生しているので、ハチが忙しげに飛び交っている。

里山を出ての帰路、家々の庭には様々な種類の菊の花が今を盛りと咲き誇っていた。空き地はセイタカアワダチソウの天下である。私は基本的にはどの花もそれぞれのよさがあると思うのだが、かって日本の原風景だった里山の野菊が、年々減少しているようにみえるのは寂しい。

|

« 紅葉 | トップページ | アメリカの未来に幸あれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野菊:

« 紅葉 | トップページ | アメリカの未来に幸あれ »