« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008/11/27

後楽園

 数年前、東京都内の紅葉の見所を知人に聞いたところ後楽園のモミジを推薦されたので早速出かけてみた。庭園のそこかしこにモミジの木が悠然と枝を広げて見事に紅葉していた。自然界では樹間にひっそりと生えていて、秋に初めて存在を知る事が多いが、ここでは堂々とした主木であった。

 後楽園というと野球場を思い出す人が大半だと思うが、本来は水戸の徳川光圀により完成された庭園の名前である。儒学に造詣の深かった光圀らしく、“天下の憂いに先立って憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ”という為政者としての心構えを庭園の名前にしたという。黄門様の面目躍如たるものがある。

 さて翻って、今の為政者の心構えはどうであろうか。昨今一部の国民の怨嗟の的になっている公務員の給料体系は確かに、一般国民水準よりかなり高く設定され、諸手当を含めた待遇は、決して先憂後楽の思想を体現しているとは思えない。それを正そうとする気配さえないことに、税金で雇っている立場の国民の中に怒りが鬱積している事もある程度共感できる。

 しかし私の父親が公務員だった関係で少し同情的見方もしている。そもそも戦後は皆が食べられる事を目指した。殆んどの国民がゼロからの出発だった。生活は苦しかったが、建設の夢と意気込みに満ち溢れていた時代だったと思う。私の成長期はずっと日本経済は右肩上がりだった。企業は世界の工場に育っていき、労働運動も盛んで利益は働く側に還元された。税金の多くはインフラ整備に向けられまた国民に還元された。民間の活力は目覚しく給料も上がり豊かになっていった。一億総中流という言葉がそのまま多くの国民に実感された。

それに対し公務員の給料は余り動かなかったと思う。父は民間に就職した友人との余りの格差に悔しい思いもあったかもしれない。しかし国のために働いているという矜持が父を支えていたと思う。

 しかし公務員の待遇にも改善の風が吹き出し、民間との差を縮めるべく給与水準が上昇を始めたようである。様々な諸手当も創設されバブル期には官民の差はほぼ解消されていたのではないだろうか。・・・・ココまではなんら問題はなかったと思う。

 ところがバブル崩壊後日本経済が収縮を初め企業の減益にあわせ、民間労働者の給料は低下を余儀なくされ様々な手当ては削られていく過程で、公務員の待遇は余り変わらず今では絶滅危惧種並みに当時の面影を保ち続けられたのだろう。

 ところで日本はこの数年間、戦後最長の好景気といわれた。その一方では格差社会といわれる。具体的には企業の多くが外需産業にシフトされ外貨を稼ぎ、稼いだ外貨は労働者に還元せず、派遣や臨時工の多用により経費節減された金は内部留保される。

 それと平行して企業の株が着々と外資に買い占められ、三角合併という制度まで取り入れられていった。企業の利益の流れが国外へと定着する一歩手前であった。

 一方税金として国庫に入った金のかなりの部分が外債という形でこれまた国民の手の届かないところに持ち出された。

 そして最後の止めが、郵貯の民営化である。戦後日本人が営々と蓄えてきた汗と涙の結晶の資産が、金融工学の衣装をまとった金融商品に変わりアメリカに流れ、サブプライムローンの穴埋めをするはずだった。あと数年破綻が表面化しさえしなければすべてがうまくいくはずだった・・・・・。

 そうしてかっての大英帝国統治下のインドのように国富は吸い取られ、貧しさの中に沈んでいく運命だったと指摘する経済学者もいる。

 さて本題に戻る。最近起こった元官僚トップを狙った殺人事件を容認する意見が一部に見られるが、公務員は果たして一部政治家や世論が指摘しているように国民の敵なのであろうか。確かに先に指摘したように待遇が比較的に恵まれている点や、昨今の社保庁の仕事のずさんさなどを見ると怒りも沸いてくる。

 しかし少し冷静に考えてみれば、組織に問題があったとすれば責任は当然監督責任者に行くのがスジであろう。公務員の場合は、国民の委託を受けた代議士である。より直接的には各省庁の大臣、長官でありその大締めの首相であろう。

 戦後ほぼ一貫して政権与党にありながら公務員を適切に管理できていなかった事を棚に上げて、国民の不満を公務員に誘導しようとしているようにさえ見える、昨今の与党の政治姿勢は悲しい。

 飼い犬が、近隣に迷惑をかけるダメ犬になったり、メタボになったとしたら、ひとえに飼い主の責任なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/20

目覚まし時計

 最近は余り目覚まし時計を使う事がない。朝早く出かける事が少ないからだ。それと加齢現象か、7時前後には自然と目が覚めてしまうので日常生活には困らない。そんなわけで今使っている目覚ましはもうずいぶん前に購入したもので、何となく使い続けている。

 それがこのところなんでか秒針の動く、ツッ ツッ ツッ ツッ という音が耳障りになってきた。昼間はなんともないのだが、夜寝てしばらくすると、やけに耳につく。ツッ ツッ ツッ・・・・・・。しょうがなくタオルでくるんだり、引き出しにしまったりと日替わりで対処していた。就寝前に気がつけばいいのだが、大抵布団に入って温まった頃気になりだす。真っ暗な冷え切った部屋でごそごそ動くのもなかなか難儀だ。

 夕食の時久しぶりに一緒だった息子に愚痴った。

“もうガタが来たのかな。ずいぶん前から使っていたし・・・・・”

“デジタルにしたらいいんじゃない”

 息子も大人になったものだ。以前だったらママと一緒でがたがたなんだろ・・・なんていわれかねなかったのに。

 何はともあれ、一筋の光明を示され、数日後近くの量販店に出かけた。時計売り場にはデジタル、アナログ様々な機種が並んでいたが、デジタルの目覚ましに一直線。ひときわ目だって電波時計と表示された目玉商品があった。しかも千円を切っているのだ。安い!

 何の迷いもなく購入し、家にかえるや電池を入れたが、色々用事があったので、細かい操作は後でゆっくり説明書を読んでからとそのままにしていた。

 落ち着いてからおもむろに時計に向かった。すると時間がいつの間にか正確にセットされていた。私がすることは何もなかった。これにはビックリした。技術の進歩に改めて脱帽した。

 これと似たようなことは、デジカメ購入の際にも経験した。最初に買ったのはかなり前になるが200万画素で2万円前後だったと思う。当時は最新式で少々自慢だった。その後友人が500万画素で手ブレ防止機能がついたのを手に入れたので、大いにうらやましかった。

 昨年旅行途中、長年使って結構愛着もわいてきていたくだんのデジカメを紛失してしまった。仕方なく代わりを買いにカメラ店に出かけた。

 まずは余りの種類の多さに戸惑った。しかも手ぶれ防止は標準装備、1000万画素、望遠、広角、防水、高気圧対応、・・・・・様々な機能は選り取り見どり。そして値段は以前と余り変わっていないか、安くさえなっている。

 本当に日進月歩の技術には圧倒される事が多い。技術立国に住む恩恵であろうか。

 それに引き換え、政治の世界は・・・・。目を背けたくなる現状である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/13

袋田の滝

 昨日は一日、茨城県を旅した。私にとっては初めての経験である。東京でも西部地区に住んでいるため、近場の旅行というと、信州や伊豆が多い。都心をわざわざ通り抜けていくのが何となく億劫なためである。

 そんな理由で日本三名漠として名高いのに未だ行った事がなかったが、錦秋の袋田の滝へ・・こんなツアーのうたい文句にひかれ、だいぶ前に予約した。しかし前日の天気予報は最悪だった。一日中北風や雨に見舞われ気温は12月並・・・。

Nakaminato 旅行の成否は当日の天気に左右される。さえない始まりだった。しかし那珂湊に立ち寄り一挙に挽回された。港の海産物店に並ぶ新鮮な魚介類。しかも実に安い。もし旅の始まりでなければあれもこれもと買い込んだであろう。ここで作られた昼の弁当がまたおいしかった。何の変哲もなさそうな握りなのだが具が大きくて、ご飯が少なめである。何より味がいい!地元の人の気持ちが伝わってくるようで嬉しかった。

天気も持ち直し、途中薄日さえさすほどに回復し、その後の道中はルンルン気分に変わっていった。花貫渓谷、竜神峡と巡ったが最近の雨不足や、時期が少し早いせいもあって紅葉は今ひとつだったが、初めての茨城の田舎風景を楽しみながら袋田の滝に向かう。

途中車が渋滞している。さすが三大名漠ともなると観光客も多いのだな。一人で納得していると原因は他にもあった。道幅が狭く時間を区切った一方通行でやりくりしているという。しかもそれがれっきとした国道だと聞いて唖然とした。こんな国道はよくあることだと添乗員さんは平然としている。

私は一般に公共投資が悪いと思ったことはない。特に民間投資が落ち込んでいる時に、未来の国民のためにインフラを整備するのは必要でさえあると思っている。しかし優先順位に問題があると思う。鹿しか通らない高速道路を作る以前に、やらねばならない事はいくらでもありそうである。

 さて三大名漠といえば、日光の華厳の滝、熊野の那智の滝が有名である。前者は小学Fukurodanotaki校の修学旅行で行ったが、徳川家ゆかりの日光東照宮の威光が強烈だったうえに、おりしも異常少雨で水量が極めて少なかったので余り感激しなかったように記憶している。那智滝は高校の修学旅行で行ったが、やはり印象にあまり残っていない。先年また訪れる機会があったが、熊野神宮、熊野古道等の歴史的重々しさに圧倒され、始めからただ遠く仰ぎ見るという感じだった。

それに対して袋田の滝はいかにも庶民的である。周りの土産物屋の目玉商品がこんにゃくと里芋というのもいい。

最近できたという観漠台へのエレベーターは15分待ち。これが休日だと1,2時間待ちになるという。初物好きの日本人らしい。

 エレベーターを降りて更に階段を登ると突如目の前に滝が広がる。臨場感とでも言うのだろうか、正直圧倒された。周りの紅葉も美しく調和して見事だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/06

アメリカの未来に幸あれ

 アメリカの次期大統領にオバマ氏が選出された。

 チェンジ!USA!

 熱狂と希望。

 シカゴに集うオバマ支持の10万人の大群衆の熱気と期待がテレビ画面から伝わってくる。

 父親はケニアからの留学生、ハワイで生まれ、幼い日々をインドネシアで過ごす。若き日々、貧民街で貧しい人々の生活を守る活動に献身、・・・・。オバマ氏の経歴からは、強きを助け弱きをくじくとも見えた前任者との鮮やかな姿勢の違いが感じられ、今後のアメリカ政治のチェンジに期待が膨らむ。

当初イギリスの宗教弾圧から逃れ、新天地に渡ってきた人々の目の前に茫洋と広がる未開の荒野。初期のうちこそ友好的な原住民との関係は、移民の増加により土地の収奪と迫害へと変貌していった。

移住者達の夢の実現と反抗するネイティブへの過酷な弾圧。この構図はアメリカのその後の発展のなかで一貫して貫かれていたように見える。開拓は西へ西へと向かい、太平洋にいたり海を渡り、市場としてのアジアに、石油供給地としての中東に、・・・・。抵抗するものには容赦ない武力弾圧。ベトナム戦争、イラク戦争、・・・・・。

この数十年は正に光と影のアメリカの時代だった。今後アメリカがどのような道を歩むのか。従来のようにアメリカのための世界を求めるのか、あるいは世界の中のアメリカとして共存共栄を目指していくのか。アジアのネイティブの一人として気になるところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »