« 野菊 | トップページ | 袋田の滝 »

2008/11/06

アメリカの未来に幸あれ

 アメリカの次期大統領にオバマ氏が選出された。

 チェンジ!USA!

 熱狂と希望。

 シカゴに集うオバマ支持の10万人の大群衆の熱気と期待がテレビ画面から伝わってくる。

 父親はケニアからの留学生、ハワイで生まれ、幼い日々をインドネシアで過ごす。若き日々、貧民街で貧しい人々の生活を守る活動に献身、・・・・。オバマ氏の経歴からは、強きを助け弱きをくじくとも見えた前任者との鮮やかな姿勢の違いが感じられ、今後のアメリカ政治のチェンジに期待が膨らむ。

当初イギリスの宗教弾圧から逃れ、新天地に渡ってきた人々の目の前に茫洋と広がる未開の荒野。初期のうちこそ友好的な原住民との関係は、移民の増加により土地の収奪と迫害へと変貌していった。

移住者達の夢の実現と反抗するネイティブへの過酷な弾圧。この構図はアメリカのその後の発展のなかで一貫して貫かれていたように見える。開拓は西へ西へと向かい、太平洋にいたり海を渡り、市場としてのアジアに、石油供給地としての中東に、・・・・。抵抗するものには容赦ない武力弾圧。ベトナム戦争、イラク戦争、・・・・・。

この数十年は正に光と影のアメリカの時代だった。今後アメリカがどのような道を歩むのか。従来のようにアメリカのための世界を求めるのか、あるいは世界の中のアメリカとして共存共栄を目指していくのか。アジアのネイティブの一人として気になるところである。

|

« 野菊 | トップページ | 袋田の滝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの未来に幸あれ:

« 野菊 | トップページ | 袋田の滝 »