« 猫バス | トップページ | 大掃除 »

2008/12/11

レッドクリフ  

 レッドクリフが面白いらしい。そうなの・・・。又ターミネーターやマトリックスばりのハリウッド映画なのだろう。

そのうちレッドクリフとは赤壁、すなわち三国志のクライマックス、赤壁の戦いをテーマにした映画だと知った。これは見ないわけには行かない!何しろ三国志なのだから・・・。 諸葛孔明、関羽、劉備、曹操、・・・・・きら星の如く英雄豪傑の名前が浮かんでくる。なんてったって私は大学で中国文学を専攻していたんだから・・・・。

しかし正直に白状すると、私は今までちゃんと三国志を読んだこともなければ、テレビや映画でも、とうして見たことがないのだ。一番鮮明な記憶が、息子達が幼かった頃、テレビで放映されていた人形劇を時々覗いていた程度なのだ。これさえも夕食の準備に忙しい時間帯だったので、断片的に目に入ってきたに過ぎない。

思い返せば私にもしっかりと三国志と向き合おうと思った時があった。大学三年になって中国文学科に進学した頃、中国文学の古典を読み尽くそうと思っていた私は、まず三国志演義、水滸伝、紅楼夢、西遊記の原書を専門店で手に入れた。三国志は二分冊で合わせて四センチぐらいあった。しかも挿絵もなく全部漢字である。しかし当時の私は若かった。大変そうな事ほどやる気が起こった。

なかなか面白かった。読むほどに引き込まれていきそうな気がした。しかし曹操の若き日のエピソードでつまずいた。

政敵に追われ、逃避行の途中立ち寄った知人の家での事。主人の客、曹操にご馳走しようと、使用人が豚を絞めようと相談していた。それなのに自分を殺そうとしているとはやとちりして、自己防衛とばかりにその使用人を殺してしまう。ココまでは単なる誤解で済むかもしれない。当然主人に詫びを入れ、償いをするものと思った。しかし曹操は、主人が怒る事を予想し、帰宅してきた主人を殺害して逃走する。・・・・ココまで読んで私の心は凍りついた。どうしてもその先に進めなかった。

そんな時に、大学に機動隊導入、全学スト、・・・・私は書を捨て外に出た。私の人生は未だにある意味、その延長なのかもしれない・・・・。

言い訳が長くなってしまったが、要するに今回の映画は私にとっては三国志の初体験であったのかもしれない。生き生きとした人物像。当時を髣髴とさせる衣装、武器、建築・・・・。

 2時間半があっという間に過ぎた。早くパート2が見たい!

|

« 猫バス | トップページ | 大掃除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59673/43385261

この記事へのトラックバック一覧です: レッドクリフ  :

« 猫バス | トップページ | 大掃除 »