« 世界らん展 | トップページ | 小沢代表は黒か白か? »

2009/02/26

菜種梅雨

 このところの雨模様の天気はどうやら菜種梅雨の影響という。例年より一ヶ月も早い。これも温暖化の影響か?2月といえば本来は寒さのピークなのだが、身近の自然を注意してみると、いたるところに春の兆しが感じられる。ヒヤシンスはもう蕾をつけているし、ユリの芽も土から顔をのぞかせた。

 春の庭の手入れはお彼岸を待って・・・と思っていたが、庭のそこかしこから芽が出てきているので、うっかり土を動かせなくなってしまいそうだ。早目はやめに行動しないと、もう手遅れで又来年まで待たなくてはならなくなる。

 最近気が付いたのだが、鳥の運んでくる種からの実生苗に、以前のピラカンサやマンリョウ、ナンテン、ヤツデに混じって、シュロやクスノキが増えてきた。若木のうちは趣もあるのだが、将来の姿を思い浮かべると狭い我が家でいつまでも育てるわけにはいかないので、雑草並みに抜くしかない。

クスノキは本来南方系の樹木であろう、東京も温暖化したものだ。そういえば知り合いに、シンビジュームを冬も戸外に出しっぱなしにしてきれいに花を咲かせている人もいる。

ところで日本経済は未だ極寒期のようである。しかし窮すれば通ず。春の来ない冬はない。

わが町でも、今、中古不動産市場は活況を呈してきているという。中古が動けば新築もそのうち動き出す。住宅が動けば、家電や、家具も動く。このような一つ一つの地道な流れが日本を元気にしていってくれるのだろう。

|

« 世界らん展 | トップページ | 小沢代表は黒か白か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菜種梅雨:

« 世界らん展 | トップページ | 小沢代表は黒か白か? »