« 近畿葉桜紀行 | トップページ | 雨の休日 »

2009/04/30

近畿葉桜紀行 続

 先週の大阪に続いて吉野山の葉桜を書いてみたい。今更季節外れな気が しないでもないが、備忘録としての意味はあるだろう。

Yoshino 吉野には大阪の天王寺に隣接した、近鉄阿部野橋から特急で1時間15分で行ける。きわめて便利になった。私が行った時は下千本、中千本、上千本と称される桜も、はや散り尽くし、奥千本といわれる、西行法師の庵があった深山がわずかに山桜の見ごろを迎えていた。桜狂いと称された西行が住まいに選んだところだけあってなかなか趣のある場所ではあったが桜の本数はそれほど多くなかった。

行きはマイクロバスを乗り継いでいったが帰りはゆっくりと歩きを楽しんだ。途中で食べた吉Odorikosou の葛餅と葛切りは美味しかったし、木の根元に咲き乱れるオドリコ草は可愛らしかった。途中急峻な山の斜面で、地元の人が山菜取りをしていた。道で休んでいた女の子のビニール袋を見せてもらうと、ワラビがずっしり入っていた。山麓に住んでいるが休日なのでおばあちゃんの手伝いに来ているのだという。

吉野の桜の見事さはいまさらいうまでもないだろうが、山里の葉桜の季節ののんびり感もなかなかいいものだった。

Hanasajiki 翌日は淡路島に渡り、テレビでも紹介されていた花さじき(桟敷)を見に行った。菜の花と諸葛菜(紫ハナナ)の咲きそろったさまを見たかったからだ。観光船で島に渡り、地元の運営する花バスに乗りのんびりと北淡路の観光めぐりに出発した。ハイウエイオアシスでは淡路の物産に舌鼓。いかなごの釘煮は今正に旬である。たまねぎが特産という。たまねぎスープを試飲したがやけに美味しい。あれもこれもと買いたかったが、未だ先が長いので抑えた。のんびり旅をしていたつもりだったが、時代(?)には抗えない。花さじきではマイカーの渋滞に巻き込まれてしまい、帰りの花バスは時間は遅れるわ、待っていた人の大半が取り残されるわと、にわかにスポットライトを浴びた地方の観光地のてんやわんや振りが伝わってきた。バスに乗れずに取り残されたおじいさんの困惑した表情が今でも目に浮かぶ。

これから本格的ゴールデンウイークに突入する。各地で大渋滞が頻発すると予想されている。この時期お年寄りと、赤ちゃんは観光地に行くのは避けたほうが賢明かもしれない。自然は逃げてはいかない。後からのんびり行っても遅くはないだろう。

私も鳴門まで足を伸ばすのは又の機会にした。

|

« 近畿葉桜紀行 | トップページ | 雨の休日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近畿葉桜紀行 続:

« 近畿葉桜紀行 | トップページ | 雨の休日 »