« 四川大地震から1年・・・ | トップページ | 麦の仲間たち  続 »

2009/05/21

麦の仲間たち

 朝まだ涼しいうちに、家の周辺の散歩をした。真夏日の日中などとても外を歩く気がしないので、朝食を食べると直ぐに外に出る。今まで桜、ハナミズキ、バラと木々の花に注目する事が多く、道端の草花をじっくりと見ていなかった。いつの間にかイネ科植物の花が咲き乱れる季節になっていた。

といっても、あくまで地味である。誰も足を止めてゆっくりと見てくれない。どっちかというと、雑草として目の敵にされ、定期的に刈りとられてしまう。

我が家の周辺も例外ではなく、うかうかとしていると、業者が来てきれいさっぱり刈り込んでしまう。

しかしイネ科の植物好きには幾つかの特典がある。

 1、身の回りどこでも観察できる。

2、いくら標本をとってもおこられない。

3、種類が多いので、脳の活性化に役立つ。等々。

幸い未だ刈られていなかったので、小一時間も歩いたら十数種類観察できた。暑い日が続いたせいか、はやばやとエノコロ草やススキまで咲いていたのにはビックリした。

以前( http://yamakawa-akiko.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/index.html) 、稲の仲間達をまとめたので続編としてまとめてみました。同じイネ科だが麦の実る季節(麦秋)が近いので麦の仲間達としました。限られた時間と地域で見つけたものなので一般的なもので抜けているのも多いと思いますが、それは皆さん自身で補ってくさい。

001_3

003

005006_2   008

|

« 四川大地震から1年・・・ | トップページ | 麦の仲間たち  続 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麦の仲間たち:

« 四川大地震から1年・・・ | トップページ | 麦の仲間たち  続 »