« 種の行方 | トップページ | 剣岳  点の記 »

2009/06/25

アジサイの季節

Ajisai  梅雨にふさわしい花である。公園、街角、家々の庭、・・・。雨が降り続き何となく物憂げな気分をそっと包み込んでくれるような優しい青い花。もう直ぐやってくる夏を予告してくれているのだろうか。高原の空の色、見渡す限り続く大海原・・・・・。

しかしいま普通にアジサイと呼ばれているのは実は西洋アジサイで、シーボルトの時代に日本由来のガクアジサイがヨーロッパに持ち帰られて改良が加えられ、日本に逆輸入されたものだという。

ガクアジサイは名前の通り、本来の直径数ミリの小さな花の集まりを、虫の目をひきつけるHana ためであろう、装飾花とよばれる花が額縁のように取り囲んでいる。が、どうやら西洋人の目をひきつけてしまったようだ。その結果、装飾花ばかりのハイカラな花に変身してお里帰りしてきたという事情のようである。

私はどちらかというと以前からガクアジサイが好きだったが、数年まえ山歩きの途中見かけたコアジサイにひきつけられた。装飾花がまったくない花である。以来日本自生の素朴なアジサイに惹かれている。

 気をつけてみれば日本にも味わいのあるアジサイがいろいろある。近くの里山にも白い小ぶりの山アジサイが咲いているし、信州旅行した時には古木に絡み付いているツルアジサイを良く見かけた。高尾や御岳の沢沿いにはこれからの季節、みずみずしいタマアジサイがたくさん見られるだろう。

 先日は高幡不動のアジサイを見てきた。山の斜面に咲きそろう山アジサイの群落が見事なのだが、今年は時期的に遅かった。しかしガクアジサイやアジサイは正に見ごろだった。前日までの雨にしっとりとぬれた青の美しさは例年になく美しく感じられた。

 

|

« 種の行方 | トップページ | 剣岳  点の記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジサイの季節:

« 種の行方 | トップページ | 剣岳  点の記 »