« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009/09/25

八ツ場ダムのゆくえ

ここ数日テレビで毎日のように八ツ場ダムが取り上げられている。私自身はこの問題に詳しいわけではない。どちらかというとつい最近まで、こんなに問題になっているとは知らなかった。そもそも八ツ場を“やんば”と読む事さえ知らなかった。

今回の選挙前に知り合いから八ツ場ダム建設反対の署名を求められ、初めて今係争中なのを知った。かっての三里塚のように、空港建設反対の住民の意思を無視して行政が強引に強行しようとしているのかな、と自分流に解釈した。

ところがテレビからの印象は建設続行を求める地元、中止を迫る中央政府という感じである。まるで逆三里塚と揶揄されんばかりの構図である。私の頭の中は混沌状態になってしまった。こういう時は早く結論を出さずに推移を見守るしかない。そのうち色々知恵が出され、賢明な解決策が取られるに違いない!

そもそも建設計画は、大型台風に備えるための治水対策から始まったという。しかし治水効果が少ないのが分かり、途中から利水効果が強調されるようになったという。それにしても何故50年余にしてやっと本体建設に取り掛かれる状態になったのだろうか。優先順位がそれほど低いという事なのだろうか・・・。

 何せ大自然に手を加えることであり、国民の血税を使ってきたのである。中止になるにせよ、続行になるにせよ納得できる根拠と説明が欲しい。

もし中止になるなら提案がある。今まで各自治体が負担してきた地方負担金は、単に返還するのでなくより有好な治水利水対策に生かして欲しい。“緑のダム”をこの際真剣に取り上げて欲しい。

戦後植林された日本中の多くの森林が現在放置され、荒れ果てているという。樹木は生きているし、時間は待ってはくれない。一日も早く間伐その他の適切な作業を実行し、日本の森林を健全にたくましく育てて、今後数百年にわたる国土の治水利水の根本を保障して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/18

四川省の旅 6

 成都では武候祠、杜甫草堂、近郊では三蘇祠を見学した。私はもともと神社仏閣めぐりはにがてである。暑い日中、古色蒼然とした建物、古木の生い茂る境内をガイドさんの案内をぼんやり聞きながら、迷子にならないように付いて回っていた。

 そのうちに私の頭の中で、変化が起こってきた。

 武候とは、諸葛亮のことで蜀を最後まで守った忠臣として、中国革命に於ける周恩来になぞらえて成都では絶大な人気があるという。建物の一角には顔真卿が書き写した“出師表”が刻まれていたが、その筆力に圧倒された。唐の衰退を嘆く彼の嘆きが、蜀の行く末を案じる諸葛亮の気持ちと重なって、見るものにじんと伝わってくる。

 杜甫草堂は安史の乱で荒れ果てた唐の都長安を逃れて、成都に安住の地を得た杜甫が住んでいた家を復元したものだ。田舎風の質素なものだが、この地で杜甫の多くの代表作が作られたという。

    春望 

 国破山河在  国が敗れても、山や川は以前のままだ
 城春草木深  廃墟の町に、春ほ草木が生い茂る

・・・・

 食料にも事欠いてたどり着いた杜甫のすさんだ心は、この地の自然に癒されていく。

    春夜喜雨

 好雨知時節,當春乃發生。 よい雨は、季節を心得ていて春になると降ってくれる。

 隨風潛入夜,潤物細無聲。 夜半には風も出てきて、静かに細やかにすべてを潤す。

・・・・

ちなみに、杜甫と親交のあった李白も幼少期から青年期まで四川で過ごしたという。

そういえば李白の詩には四川の風景を詠んだものが多い。

    早発白帝城 

 朝辞白帝彩雲間 早朝朝焼けの白帝城を発ち

 千里江陵一日還 千里かなたの江陵に一日で着く

 両岸猿声啼不住 両岸で猿の叫び声が響きわたるうちに

 軽舟已過万重山 小船はすでに多くの山々を過ぎていた  

 三蘇祠は、蘇軾(東坡)とその父蘇洵、弟蘇轍の住居址である。

 父蘇洵は晩学の人で何回も科挙に挑戦するが合格できなかった。二人の息子は父の夢をかなえ、優秀な成績で合格し高官に登用される。

蘇軾は宋の代表的な文人政治家で詩文書画のすべてに秀でていた。代表作“赤壁の賦”は三国時代の古戦場を訪れ、自然や人生に思いをめぐらしたものだが、明瞭闊達な蘇軾の人となりがよく表現されている。

筆舌鋭く、しばしば中央政府に直言し疎まれ、度々左遷されるが、左遷先でも善政を行い地元民に慕われたという。

以前杭州に旅行した折、蘇軾が作って当地の農民に感謝されたという蘇堤を歩き、豚の安価な脂身を美味しく食べられるように工夫した名物料理“東坡肉”に舌鼓を打った思い出がある。

“一方水土一方人”という。その地の自然が住んでいる人を育てるという意味だろうか。こうしてみてくると四川の誇るべき名産は様々あるかもしれないが、究極の名産は人そのものなのかもしれない・・・。

イチロー選手の9年連続200安打達成、おめでとうございます。努力を続ける事、夢をあきらめないことの大切さを教えられた気がします。

 鳩山内閣の誕生を見て、大いに期待できると思いました。あくまで国民目線を忘れず、同時に宇宙船地球号の乗員として恥ずかしくないように操縦宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/11

四川省の旅 5

 今回の旅行では、成都は私にとって単なる通過都市であった。上海などの経済的発展に沸く沿海都市に比べいまいちパッとしない内陸部の単なる一都市・・・。

 旅行の日程に幾つか列挙してある成都の名所旧跡も余り興味がわかなかった。パンダ公園でまじかにたくさんの子パンダに会えるというのが唯一の楽しみだった。

その私が今では、週に一回は麻婆豆腐、それも山椒風味の利いた四川風を食べずにいられないようになってしまったのは一体何が原因だったのだろう・・・。

成都に初めて足を踏み入れたのは旅行初日の夕方だった。むっとする暑さ、空港周辺の車の多さなどで余り好印象は抱かなかった。

九寨溝からの帰り再度降り立った四川の街は早朝だった事もあり、だいぶ印象が変わっていた。整然とした道路、片側三車線で街路樹を挟んで自転車(電気自転車も含む)道があり、更に広い歩道がある。これが道路の標準のようだ。現在北京(人口800万)に次いで成都(人口960万)の自家用車保有率が高いという、この都市の将来を見据えて作られたものだろう。

街路樹にイチョウが多いのも市の木ということでうなずける。もちろんカジュマル、ブーゲンビリアなどの亜熱帯の樹木も多い。しかし市の花という芙蓉は意外と目に付かなかった。

それにしてもなんとなく風景がくすんで感じられた。初めのうちは公害で空気がよどんでいるためなんだな・・・と勝手に納得していたが、これは早とちりであった。この状態は四川の歴史とともにあったという。

“蜀の犬は、太陽に吼える“という成句がある。それほど四川(蜀)はいつも曇っていて太陽を見る事が珍しいという事らしい。(年間日照時間  成都 1100時間 東京 2000時間)

 これはチベット高地につらなる急峻な山岳地帯から流れ出す何本もの長江(揚子江)の支流の扇状地として形成された四川盆地上にある成都の位置によるものだろう。年間平均湿度が80パーセント前後という。

亜熱帯気候に属し豊富な水に恵まれ土地も肥沃で、先史時代から稲作が盛んで、現在も中国の米の省別生産量で四川はトップという。(この地のイネが日本のイネの祖先という説もある)

 もっともガイドさんによると、日照が弱いため味がいまいちなので、美味しく食べる工夫がなされ四川料理が発達したという。

また女性も色白でしっとりした肌のため、唐代の楊貴妃をはじめとして古来美人の誉れが高いという。

ガイドさんは成都郊外出身という事で、お国自慢が続く。

“成都は豊かな街です。何でもあります。平和が続けば数年で都ができるという意味で成都と名づけられ、以来二千年余りの間名前が変わる事はありませんでした。

四川の古名、蜀の中の虫は蚕を意味し、古来養蚕が盛んでした。茶の栽培もこの地で始まりました。

秦の始皇帝が中国を統一できたのも、劉邦が項羽に勝ち漢帝国を樹立できたのもこの地の富に支えられました。

森林資源、鉱山資源も豊富で、多くの住民はその豊かさに安住し、近頃は自己中気味でかけマージャンに熱中する人も多く、他の地域からは白い目で見られていました。

それが今回の地震では、皆我先に被災地に駆けつけ復旧に尽力しました。

以前は“ぼる”というので評判の悪かったタクシー運転手も、地震発生のニュースが伝わるや被災地にボランテイアで大挙して乗り付け、怪我人を奪い合うようにして病院に運び、全国から見直され賞賛されました“

・・・・・非常時に本当の人間性が試されるのだろう。

ちなみに今回の地震での成都の被害は少なかったという。沖積平野の上に位置しているため地震の振動が土壌に吸収されたためらしい。しかし生まれて初めて地震を経験した市民がパニック状態になり逃げ惑う中で、転んだり物にぶつかったりしてかなりの人が怪我をしたという。

追記 益洲險塞、沃野千里、天府之土、高祖因之以成帝業

これは諸葛亮(孔明)の言葉である。益洲は四川盆地、漢中盆地をさし、高祖は劉邦の事である。

                          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/04

民主党を選択しました!

 こんなに投票日が待ちどおしかった選挙はなかった。ある意味4年間待ち続けたのかもしれない。

政治が持つ威力を感じた4年間であり、政治家の資質の大切さを痛感した毎日だった。

選挙当日は用事があったので期日前投票をしたが、会場は結構混んでいて有権者の関心の高さが感じられた。

しかしこれほど明確な結果が出るとは予想していなかった。国民がはっきりと意思表示をすると、こんなにもすっきりとした結果が出るというのを初めて実感できた。

民主党には今後、民意を実行に移してもらいたい。悪弊には大胆に立ち向かい、現実政治には細心の心配りを持って当たって欲しい。

結果が出た後の鳩山代表のコメントを聞いて、私達の選択は正しかったと思った。

慎重に言葉を選びながらも、国民の直面している困難に立ち向かい、自民党の万年与党状態から醸成された政治の数々の悪弊を正していくという決意がしっかりと伝わってきた。

今回の選挙では多くの新人が選ばれた。彼らには、永田町の論理(政権至上主義)に染まることなく、霞ヶ関の論理(事なかれ主義)に流されることなく、国民の側に立って政治に携わっていくという初心を貫いて欲しい。

もし今回の選挙結果を見て懸念する事があるとすれば、自民党の凋落振りである。旧体制に何らかの強いつながりを持っている面々がかろうじて残ったようにさえ見えてしまう。

健全な議会制民主主義には強いライバルの存在が必要だと思う。かって日本の敗戦から力強く立ち直る過程で自民党がリーダシップを発揮できたのも、当時の健全な強い野党の存在を抜きには考えられなかったと思う。

そういう意味でも、自民党が旧体制の尾てい骨で終わるのか、政権交替可能な健全野党に脱皮できるのか気になるところではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »