« 四川省の旅 6 | トップページ | 四川省の旅 7 »

2009/09/25

八ツ場ダムのゆくえ

ここ数日テレビで毎日のように八ツ場ダムが取り上げられている。私自身はこの問題に詳しいわけではない。どちらかというとつい最近まで、こんなに問題になっているとは知らなかった。そもそも八ツ場を“やんば”と読む事さえ知らなかった。

今回の選挙前に知り合いから八ツ場ダム建設反対の署名を求められ、初めて今係争中なのを知った。かっての三里塚のように、空港建設反対の住民の意思を無視して行政が強引に強行しようとしているのかな、と自分流に解釈した。

ところがテレビからの印象は建設続行を求める地元、中止を迫る中央政府という感じである。まるで逆三里塚と揶揄されんばかりの構図である。私の頭の中は混沌状態になってしまった。こういう時は早く結論を出さずに推移を見守るしかない。そのうち色々知恵が出され、賢明な解決策が取られるに違いない!

そもそも建設計画は、大型台風に備えるための治水対策から始まったという。しかし治水効果が少ないのが分かり、途中から利水効果が強調されるようになったという。それにしても何故50年余にしてやっと本体建設に取り掛かれる状態になったのだろうか。優先順位がそれほど低いという事なのだろうか・・・。

 何せ大自然に手を加えることであり、国民の血税を使ってきたのである。中止になるにせよ、続行になるにせよ納得できる根拠と説明が欲しい。

もし中止になるなら提案がある。今まで各自治体が負担してきた地方負担金は、単に返還するのでなくより有好な治水利水対策に生かして欲しい。“緑のダム”をこの際真剣に取り上げて欲しい。

戦後植林された日本中の多くの森林が現在放置され、荒れ果てているという。樹木は生きているし、時間は待ってはくれない。一日も早く間伐その他の適切な作業を実行し、日本の森林を健全にたくましく育てて、今後数百年にわたる国土の治水利水の根本を保障して欲しい。

|

« 四川省の旅 6 | トップページ | 四川省の旅 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八ツ場ダムのゆくえ:

« 四川省の旅 6 | トップページ | 四川省の旅 7 »