« キンモクセイの剪定 | トップページ | トーテム »

2009/10/30

秋の七草

 久しぶりに近くの里山に行ってみた。ここのところ庭いじり、衣服の入れ替え、都心に出る用事などが続きのんびり自然に浸る時間が取れなかった。

 しばらく見ないうちに、すっかり晩秋の景色になっていた。イネは刈りとられ、柿の実も数がめっきり減り、ヒガンバナは葉だけに変身している。

古来より秋の七草として親しまれている、クズやハギは花が終わって種の季節になっているし、オミナエシ、フジバカマ、ナデシコ、キキョウなどはそもそも身近な自然ではなかなか見られなくなった。

それなら現在の秋の七草はなんだろうと歩きながら考えてみた。

家を出て里山に入るまでの道々、垣根や庭に植えられた山茶花が赤、ピンク、白と色とりどりに咲き出して美しい。空き地にはススキとセイタカアワダチソウがいかにも見慣れた秋の風情をかもし出している。

Nogiku_2 里山に入ると、野菊のしんがりのリュウノウギクが可憐に咲いている。畑の隅には茶の木がツバキを小さくしたような可愛らしい白い花をつけている。

のり面にはノハラアザミ、アキノキリンソウ、ヤクシソウなどもちらほら見かけ、まだまだ蝶や蜂の餌も尽きてはいないようで、ツマグロモンキチョウやモンシロチョウを見かける。

しかしなんといっても木の実、草の実が豊富になってきたためか野鳥が活発に動いていた。久しぶりにまじかでキジやガビチョウにも会えた。

さて本題に戻って、七草の選定に取り掛かりたい。ススキは問題ないであろう。秋全体を見通Rindou_2 せばクズ(葛)もいい。しかしハギ(萩)は草ではなく木の仲間なので省きたい。オミナエシは今ではオトコエシのほうが普通に見られるので取り替えたい。フジバカマも近縁でよく見られるヒヨドリバナのほうにしたい。キキョウは時期的にも夏に近いのでリンドウに変えたい。

後二つである。野菊は当然入れたいし、ヒガンバナ(彼岸花)も選びたい。しかし公平に見たときセイタカアワダチソウもその普及度や景色に彩を添えてくれている事実を見ると省きがたい。そうなると、オトコエシを除くか、数が減少しているリンドウを入れないと何とか七つに納まりそうだ。

しかし七つに絞るというのは本当に難しい。時期により場所により、また人それぞれの好みにより千差万別になるということだろう。

|

« キンモクセイの剪定 | トップページ | トーテム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の七草:

« キンモクセイの剪定 | トップページ | トーテム »